2006年10月31日

周囲に触発されたのか

知人の日記のネタに触発された?のかどうか判りませんが・・・。
久しぶりに軽い気持ちでプラモデルでもと思い、先週末に出かけた際、ついでに購入してしまいました。
で、何を買ったのか?

amx-004
バンダイ『HG AMX-004 QUBELEY』

まぁ、ガンプラっすわ・・・。
本音を言うと、久しぶりに車の模型でもとも思ったんです。
でも欲しいという物がマニアック過ぎたか、キットが無かったんですよ・・・。
そりゃフォルクスワーゲンのTYPE-2なんて古い上にマニアックですから無いわなぁ・・・という気もしなくはないですが・・・。

vw-type2
↑因みにフォルクスワーゲンのTYPE-2ってこんなの。

そんな訳で、お手軽にガンプラに落ち着いてしまったのですが、今回周囲の日記にもあったガンダムタイプをハズしてコイツを選びました。
UC時代の機体ではキュベレイみたいに曲線の多い機体って珍しいのでインパクトが強く、作っては見たかったんですよね・・・。

購入金額は1000円くらい、まぁ暇な時にチマチマ進めますか・・・。

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 模型/玩具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

週末あれこれ

ネタに困るとこの形式になりますね・・・^^;

○髪を・・・
切ろうと思うも、いつものお店が混雑してて予約が取れず・・・。
この週末の3連休のどこかで切れればいいかなぁという所でしょうか。
悩んでいるのはどのくらい切るかという事。
冬場の事を考えて、耳の辺りと襟首辺りを軽く切って貰おうか、それとも前回同様に思い切り短くしてしまおうか・・・。
うーん・・・。

○デスノート
週末に映画版デスノートのTV放映があったのでちょこっと見てみた。
その反動か、手持ちの続きを読みたくなり後日ブックオフへ。
・・・・・。
同じ事を考えてた人はいる様で、デスノートがあったと思われる一角がゴッソリとなくなっている・・・。
近くの本屋に寄るも、前半部分が完売状態。
いやはや、メディアのチカラって恐ろしい・・・^^;

○ブーツの調整
スノーギアチェックの第一段。
ブーツを取り出して色々チェック。
BOAシステムのネジはそれほど緩んでいなかったので特に問題ないかなぁ・・・。
ただ、ブーツ外側の合皮部分がいい感じに剥がれはじめている・・・。
まぁいちばんチカラのかかる部分がなっているので、それはしょうがないのかなぁ・・・とは思うのですが。
今シーズン次第では次期には新調しなければならないかもですね・・・。


特に用事があった訳ではないんだけど、家の方の頼まれ事を処理したりしてたら何気に時間が掛かってしまった・・・orz

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

WRC世界ラリー選手権 Round.13

wrc_rd13-2
残りも少なくなってきたWRC、昨晩はESPNでrd13のトルコの放送がありました。
前回放送の最後で話は出てたのですが、このトルコラリーに現在ポイントトップのセバスチャン・ローブが出場しません。
理由はトレーニング中に負傷、骨折により出場できないという状態。
そのため、シトロエンチームはトップドライバーにローブの代役を立てる必要があったのですが・・・。
その代役が聞いてまたビックリ、出てきたのはこの人・・・。

wrc_rd13-1
某なの方にとってのラリーの神様、コリン・マクレー。
マクレーといえばスバルというイメージが強かったので、ちょっと違和感があったんですけどね・・・、約2年半ぶりのWRカーと言う事で注目度も高かったです。
ただ、その一方ではローブの代役にカルロス・サインツを連れてくるのではという噂もあったようで・・・、そっちが実現してたら、私にとってのラリーの神様降臨、になってたんですけどね・・・^^;

今回のラウンド、トルコは雨が降ると非常に路面状態が悪化する難しいラリーと言う事でドライバーに掛かる負担も大きいそうです。
以下、いつも通りに・・・。

○第一レグ
雨の影響で大荒れの幕開けとなり、SS1、SS2、SS4がキャンセル、SS5も中間地点からのスタートとかなり短縮された内容になりました。
予想通り最初に飛び出したのはフォードのグロンホルム、ローブがいない今の状況では彼の独走か?と思われていたのですが・・・、ところが思わぬ人が復調して面白いのなんの・・・。
その思わぬ人というのが、今まで不振に悩んでいたスバルのペター・ソルベルグ。
前半こそはグロンホルムが速いものの、後半で怒涛の追い上げを見せて第一レグ終了時点でタイム差は26秒。ローブがいなくても簡単にレースはさせない、そんな展開が非常にアツいです。
3位にはもう定位置かとも思えるフォードのミッコ・ヒルボネンが付ける。
注目のマクレーはWRカーとスリッピーなトルコの路面に悩まされて6位で初日を終えました。

○第二レグ
グロンホルムとペターの接戦はここでも続きます。
まるでここ数戦のグロンホルムとローブの争いを見ている様で、もしかしたらペターもいけるか?と思ったのですが・・・。
今シーズン全く運のないペター、やっぱり不運はこっちにきてしまいました。
第二レグ終盤のSS15で、泥の中に隠れた岩にマシンをヒット、その反動でコース脇の溝にはまり脱出不能になり後退・・・、ここまでが良かっただけに悔やまれるトラブルでした。
これにより3位で冷静なドライブを続けていたヒルボネンが順位をあげてフォードのワンツー体勢が出来上がる。そして代わりに3位に入ってきたのはペターの兄、プジョーのヘニング・ソルベルグでした。
そしてシトロエンのマクレーですが、徐々に順位を落とし8位で第二レグを終えました。

○第三レグ
SSが3本しかないため、ここでの大きな順位の変動はないかなぁ・・・と思っていたのですが・・・。
上位2台は、全く問題なく冷静なドライブで順位をキープしワンツーフィニッシュを飾りました。
そして3位にいたヘニングもそのまま順位をキープして初のポディウム獲得となったのですが、荒れたのはこれ以降の順位。
ペターの後退により期待のかかったスバルのアトキンソンですが、この3本で2つ順位を落とす結果に、また注目されていたマクレーも最終SSで電気系トラブルでリタイアとなりました。

今回、結果だけ見れば当初の予想通りフォードの圧勝ではあったのですが、復調したペターがあれだけのパフォーマンスを見せてくれたので非常に盛り上がったラリーでした。
その一方で、期待されたマクレーなんですが、昔の暴れん坊のイメージはなく非常に静かな感じに思えてしまいました。これはちょっと期待ハズレだったかなぁ・・・。
それにしてもフォードは良いセカンドドライバーもっているよなぁ・・・。
あの冷静で的確なドライブはほんとスゲェですよ。
スバルだとアトキンソンがああなってくれると色々ポイントを計算しやすくはなると思うんですけどね。
シトロエンはまぁ・・・ソルドのグラベルでの成長に期待って事なんでしょうかねぇ・・・。

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

もう1作品くらいは・・・

さて、ここ数日はスノーボード関連の話が多いですが、今日もです。(ぉぃ
今回はスノーボードムービーの話なんですが・・・。

先日、RED EYES FILM(以下REF)の新作『OBSESSION』の事についてちょこっと書きました。
毎年REFの新作は抑えているのですが、それ以外にも数作品は抑えているんです。
まぁ買う場合もあるし、弟が買った物を見せてもらうとかではあるのですが・・・。

そんな訳で、今年の新作ムービーの中でもう1作品くらいは購入してもいいかなぁ・・・と思い、雑誌のレビューや通販サイトなどを眺めてました。
毎年、国内外で多くの作品がリリースされるのですが、その中でも気になったのがこの3作品。
(実際はもっとあるんですが、その中の上位3つという事で・・・)

ready_ 2 g
ACT Pictures『ready 2 go』
NO MATTER BOARDのMCでもある松井克師と手摺狂会のMEJOR″イ藤洋久が中心となって立ち上げたレーベルの2作品目。
NO MATTERではお馴染みの面々が揃って出演しているというのが特徴だと思います。
TOYOTA BIG AIRで名前を売った高橋成明が出ているのもポイント高いと思います。

Car_Danchi2
One Films『車団地 Car Danchi 2 "The Day"』
昨年、全編パウダーランという内容と撮影の間ずーっと車に泊り続けるというスタイルで話題になった作品の新作。
内容的にはやはり全編パウダーみたいですが、今年は北海道編と本州編の二枚構成。
ライダー陣もBLUE BLOODチームという事でパウダーにはぴったりなメンバーかと。これにBURTONの植村能成が加わって・・・という事なので非常に興味あり。
二枚組みなのに値段は他の作品と余り変らないというのもポイントかと。

that
FORUM SNOWBOARDS『that』
実はコレがいちばん気になっている作品。
FORUMの総帥Peter Lineを中心とするFORUM TEAMの5年振りの作品という事でちょっと気になっています。
うちの弟から古いFORUM RIDERSが出ていたビデオを見せて貰った事があるのですが、それが凄い衝撃的な映像ばっかりだったんですよね。
当然、ライダー陣はPeter Line、JP Walker、Devun WalshなどのFORUM RIDERS陣。
特にPeterとDevunは、貰ったビデオで恐ろしい程のブッ飛びを見ているので非常に気になっています。

さて、どうしたものか・・・w

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スノーボード(雑記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

そういえば・・・

すっかり忘れていましたが、先週末に裾野市にあるスノータウンイエティがオープンしてたんですよね・・・^^;
そして、今更ながら何も準備してなかった事に気づく。
という事で、とりあえずやらなきゃならない事を洗い出す。

@板のメンテナンス
最後の栂池高原以降、軽く洗浄等はしたけど滑走面はたいした事をしてなかったので、バッグから出して状態をチェック。
エッジにサビ等が目立つのであれば、お店へチューンナップ依頼。
そこまで行ってなければ自宅でホットワックスをかける。

Aウェアの注文
今のウェアがもう大分防水効果が薄れてきているので、そろそろ買い換え時期です。
これは先シーズン中から考えてはいたのですが、やるなら今かなぁと。
というのも、板、バイン、ブーツ類を買い変える必要がないので特に出費する予定がないので・・・。
現在、今までと同じ様に黒装束でまとめるか、スノーカモというカモフラ柄にしようか悩み中。
スノーカモに傾いてはいるのですが、リフトのオイル汚れなんかが垂れてくるとそれはそれで目立つし・・・。
まぁ、これはもうちょっと悩もう。

Bスタッドレスへのタイヤ換装
正直、これで4シーズン目になるので・・・そろそろヤバイかなぁ・・・。
でも、そんなに山が減っている訳ではないので今シーズン位は持ちそうな感じ。
なるべく履いている時期を減らしたいので、11月末〜12月初旬くらいが換装目安かなぁ・・・。

Cバイン&ブーツの調整
バインは特にというのは無いのですが、予備の方の部品を弟から返して貰わないと・・・。
(弟と同メーカーなので、私の予備バインが部品取り状態になっているんです。)
あとブーツの方はBOAシステムのネジの締め込み位ですね・・・。

この位かなぁ・・・。
そろそろ色々チェックしないとマズイね・・・^^;

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スノーボード(雑記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

セブンアンドワイのコンビニ決裁

セブンイレブンのオンラインショップ『セブンアンドワイ』のコンビニ決裁を試してみました。

前に自宅配送では使った事があったのですが、今回購入したものは送料無料になる所までは行きませんでしたので、コンビニ決裁を利用してみたのですが・・・。

いつも使用しているAmazonなんかと比べると、ものが到着するまでに少し時間が掛かるかなぁ・・・という感じ。
とはいっても1〜2日位の差でしかないのですけどね・・・。
送料無料になる金額に行かない場合は、このサービスが結構有効かなぁという気がします。

Amazonだと、送料無料にするためにどうしても多少金額調整で何かを追加で買ったりしなければならなかったですからねぇ・・・。
使い分けすれば結構便利かな?


追記
何を購入したかは、後日読み終わってからという事で・・・w

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

キッカーで50m以上をブッ飛ぶ?

この週末、北海道エリアでは降雪のあった所もあるようで・・・。
それに併せてという訳ではないのですが、そろそろこういう時期だよねぇ・・・という事でこの雑誌を購入してきました。

twsj
スノーボード誌『TRANSWORLD SNOWBOARDING』

さて、タイトルの話なのですが、これはこの雑誌に掲載されていた記事の事なんです。
ノルウェーのヘムセダルという所で行われたBURTONのセッションにおいて使用されたキッカー(ジャンプ台)の話なんですが、普通じゃ考えられない大きさのキッカーを使用してるんですよ・・・。
そのサイズ、テーブル長40M・・・。
カンタンな絵で説明するとこんな感じ。
twsj_air
エアー台を飛び出して最低≠ナも40Mの距離をブッ飛ばないとランディングに到達できない・・・。
このデカさです、途中で落ちたら軽い怪我じゃ済まないし、一歩間違えれば死んじゃうサイズです。
一般的に国内のスキー場に設置されているキッカーが5〜10Mくらい、初心者が練習するもので3M前後ですからそれと比較すればその大きさが大体判ってもらえるでしょうか?
この距離を飛ぶため、キッカーのリップも恐ろしい程高い(見た感じ人間3人分くらいはあったような感じでした・・・)、助走距離も半端なく長い距離を取って飛ばないととても40Mは届かない気がするんですよね・・・。

このセッション、BURTONのライダー数名が参加し、日本人ではトリノの代表であった國母和宏が参加してたみたいですが・・・。
こういう所に呼ばれるライダーだけあって凄いですね・・・流石に。
ストレートでこの距離をブッ飛ぶだけでなく、きちんと回転入れてこの距離をスッ飛んでいくんですから・・・^^;
クレイジー≠ニいう言葉がぴったりのセッションではないでしょうか?

残念ながらこのセッション、誌面での写真でしか見れないのですが、実際にどの様な感じで飛んでるのか動画でみてみたいですね・・・。

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | スノーボード(雑記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

気温が下がってきたので・・・

ここ最近、夜になるとだいぶ気温が下がってきましたね。
雪待ちの人にとっては、早く寒くなって欲しいものですが・・・^^;

それに併せてという訳ではないのですが、夜にPCをいじりながら飲む飲み物も、だんだん温かい物が欲しくなってきたので、今週に入った位から飲むものを暖かい紅茶へと切り替えしました。
何に切り替えたかというと、コレ。

f_garden
『フルーツガーデン』
ドイツ原産のフルーツフレーバーティで、先日の昼神温泉旅行の際に東京在住の友人にお願いして買ってきて貰いました。(ありがと〜><)

これを知ったのは、とある方のHPでフレーバーティが苦手な方でも非常に飲みやすいと紹介されていたから。
もともと苦手という訳ではにのですが、ティパッグで売られているものは香りはするけど紅茶自体にはその風味が何もないという事から、一度輸入物に手を出したのですが、それはハイビスカスの風味が強すぎてただただ渋味というか酸味という感じが強すぎてとても飲みきれなく、それ以降手を出さないでいたのですよね・・・。

でも興味は持ち続けてはいたので、今回これを試してみようと思った訳です。
全部で4種類くらい販売されているみたいですが、友人に買ってきて貰ったのが『ストロベリークリーム』と『フルーツパラダイス』の2種。
まずはフルーツパラダイスの方を試してみようと思い、飲んでみたのですが・・・。

これ、凄く飲み易いですね・・・。

これにもハイビスカスが混じっているのですが、前に飲んだ物とは違い酸味も苦味も少なく丁度良い感じ。
果物の風味もちゃんと出ていて物凄く好みの飲み口でした。
1日の最後に飲んでほーっとするには凄く良い感じです。
これが飲み終わったら今度はもうひとつの方も試してみよう。


補足
通販サイトでこのフルーツパラダイスの中身が少し書いてありました。
ハイビスカスの花とローズヒップに、ハーブやドライフルーツ(アップル、エルダーベリー、シトラスフルーツの皮)をミックスしてあるそうです。

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物/飲み物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

天使の卵

今更ながら気づいた話なのですが・・・。

昨日、帰宅してTVを見ていた際にある映画のCMをみました。
タイトルは『天使の卵』。
主演は市原隼人と小西真奈美、沢尻エリカで週末の10月21日から公開されるらしいのですが・・・。

なんで今頃この作品を映画化するんだろう?
CMを見た時の私の正直な感想かこれでした。
この原作の小説が発売されたのが1994年の事なので、軽く10年以上前の話ですからね・・・。

実はこの本、発売された少し後に購入して持っているんです。
作者の村山由佳が新人賞だかを取った時の本で、なんとなく手に取って買ったのですが、思った以上にハマりました。
この時期はいちばん小説なんかを読んでた時期だったので(ひと月で10冊以上は読んでいました・・・)、色んな人の本を読みましたからね・・・。
で、これ以降のお気に入り作者に彼女が追加され、今でもちょこちょこと本を買っています。

この映画化の話をみた際に、ちょっと見たいかなぁとも思ったのですが、現在では見ないにしようかどうか悩み中。
というのも、原作を読んだ時の印象があまりにも強かったので、それが映画によって壊されてしまうのでは?という事を思っているからです。
原作のイメージを壊さずにより良く、または原作に沿ってというのも多いのですが、どうも最近の映画ってマイナスイメージの作品の方が多い気がしますしね・・・。

内容的にはスタンダードな恋愛物なので、こういうのが好みの人には割りとオススメです。
でも、最近の映画の特徴である『笑いもある恋愛モノ』というイメージはなく、暗めのストーリーなので話は重たいです。
でも話自体は非常に綺麗なお話なので、興味ある人は読んでみるなり、映画をみたりするのも良いのではと思えます。

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

だいぶ古い映画なのですが・・・

いつものDVDレンタルで借りたままで全然見てなかったのですが・・・。

今回借りたのはほんと古い映画です。
で、何を借りたかって言うとコレ。
7days_war
『ぼくらの七日間戦争』

宗田理の小説がヒットして映画化され話題になった作品ですね。
なんとなーく見てみたくなって借りたのですが・・・。
流石に映像自体が古いのでそのへんはしょうがないかなぁ・・・って気はしたのですが、内容は今見ても面白いかなぁって気はします。
絵に書いた様な嫌味で暴力的な教師と生徒のやりとりなんかも、非常に面白い感じがしました。

見てて思ったことなんですが、自分が中学〜高校にかけてここまではいかないまでも、こういう教師っていたよなぁ・・・、そしてそれに対しての反抗を生徒もしてもしてたよなぁ・・・なんて事を思い出したりしてました。
中学の時の年に二回の生徒総会での教師vs生徒の長期戦なんかも、なかなか白熱してましたからねぇ・・・。
(14:00頃からはじまった総会が17:30過ぎまで行われるなんてことが多々ありました。)
教師の圧力に対して、納得がいかなければ反抗はする、これは私だけでなく多くの生徒が当時行っていたので、この作品ほど過激なことはしないけど共感するものはあるよなぁ・・・なんてことを当時思思っていました。
あの頃は教師も強かったけど、生徒も強かったみたいな感じがありましたしね。

そしてふと思ったのが最近メディアなどで騒がれている学校関係の問題。
私が感じるのは生徒も教師も弱くなったという事。
これは親の過保護とかっていうのもあるんでしょうけどね・・・。
少し殴られたら体罰と騒ぎ立てるマスコミにもなんだかなぁってのはありますが。

あくまで私的な見解ですが、最終的には体罰もアリなのでは?という気がします。
それは話し合いで判れば良いのでしょうが、それで判らなければ実力行使ってのもいたしかたないのでは・・・そう思います。
そんなのは討論を放棄した怠慢とかいう人もいるかも知れないですが、そんなのは平和ボケの妄想でしかないと私は考えます。
むしろぶつかりあうぐらいのパワーがなくてどうするのよ?と思ってしまいます。
実際、社会人になってみて全ても鵜呑みで請け負うという訳にはいかないですからね・・・、ある程度は『やりあう経験』をしといた方が良いのではと思うのです。

まぁ、実際は難しいのでしょうけどね・・・。
でも納得ができなければお互い納得できるように折衝したり、時にはぶつかったり、これは絶対起こることなので何でも保護してしまうのはどうかなって気がしています。

まぁ斜壊塵の戯言ってことでひとつ・・・。

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽/映画/TV等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

のんびり河口湖の下見

昨日の日記と前後してしまいますが、土曜日の話です。

毎度お馴染みのこの方のお誘いで河口湖まで出かけてきました。
今回の目的は、今月また遊びにくる予定になっている某氏を連れてくる際の下見を兼ねてという感じだったのですが・・・。
そのため出発自体も遅で9:00頃に出発するという感じでした。

10:00過ぎ頃に現場に到着、とりあえずぐるーっと河口湖を一周回るも結局は勝手知ったる長浜エリアに入る。
今回は、来年からのワーム規制の件も踏まえて基本的にはハードルアーのみでやってみようと言う事で長浜はチャレンジ。
・・・まぁアタリすら無かったですけどね・・・(´・ω・`)
その後、お昼を食べる前にもう一ヶ所という事で黒岩エリアに入るも結果は同じ。

13:00過ぎ頃に久しぶりの道の駅かつやま横の売店に、そしていつもの500円セット。
昼ご飯を食べながらまぁのんびりと・・・。
1014kawaguchi_01
毎度の事なんですが、ここで昼ごはんを食べてしまうと、どーしてものんびりしてしまうんですよね・・・。
普段がデスクワークなので、こういうのも良いかなぁとは思っているので良いのですけどね・・・。

なんだかんだで1時間程のんびりした後に、再度移動開始。
すると普段はあまり行かない浅川エリアに凄い人と船団が・・・。
実は前日にこの周辺で放流があったらしく、それ狙いで人が集まっていたようです。
まぁ、便乗という事で寄ってはみたのですが・・・。

周囲を見ても正直それほど釣れている感じはなし。
船の人たちもどうも見えているバスをワームで誘って釣っているという感じでした。
見た感じでは過去の『放流=バカ釣れ』という図式は成り立っていないかなぁという気がしました。

で、私も色々試してみたのですが・・・。
時間も悪いのか、ほんと無反応、色々試してみたんですけどねぇ・・・。
正直、浅川自体に来たのも約2年振りくらいなので、どこがどうなってるかサッパリ・・・。
ほんと色々悩みましたわ・・・、でも結局ボウズだったんですけどね・・・。

終盤戦、半ば諦めモードで周囲を見ていたのですが、どうもピンポイントでバスが付いているらしく、釣れている人はそのポイントを確保できた人達っていう感じに見えました。
もう少し早く気づい浅川に入っていたら微妙に結果は変っていたかなぁ・・・。
1014kawaguchi_02
まぁ、釣れはしなかったけどのんびりは出来たから良しとします。
放流後でボウズってのは正直凹みましたが、こういう事もありますね・・・。

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行/お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

日曜夜のドタバタ劇

この週末、金曜からウチの両親が北海道に旅行に行っていた都合上、家事等をしてドタバタ過ごしてたのですが・・・。
とはいうものの、土曜は夜まで外出させて貰っていたんですけどね。

さて、そんな訳で日曜の夜、色々と片付けを済まし自室でのんびりとしていたら携帯が鳴る。
着信はうちの父親からだったんですが、以下内容。

父:『今、品川についたんだけど・・・』
私:『了解、んじゃまぁ、気をつけて・・・』
父:『でな、いっこ問題が起きたんだが・・・』
私:『何?』
父:『宅急便で余計な荷物と一緒に車の鍵を送っちゃったみたいなんだけど・・・』
私:『は?』
父:『悪いんだけど、スペアキーを駅まで持ってきてくれない?』
私:『・・・・・。』

なんでも、鍵を無くしてはいけないという事で、旅行カバン(大)の底の方に鍵をいれていたらしく、今朝荷物を送る際にそのまま母親が送ってしまったそうで・・・。
しかもこの後、更に起こった問題が前の車と今の車の鍵がゴチャゴチャになっていて、スペアがどれか判らないそうな・・・。

なんだかねぇ・・・。(´・ω・`)

という訳で、家中にある鍵の保管場所にあるもの全部をまとめて持って行く事に。
到着時間に併せて着く様に駅に向かいしばし待つ。

数分後、両親到着。
ばたばたと鍵を探し出す。
本人らもどれが該当する鍵か判らずに、それっぽそうな物数種類を持って車を止めていた駐車場へ。
少しするとまたもや携帯に着信。

母:『ご迷惑をお掛けしました・・・。』

全くです。(´・ω・`)
前に弟が裾野のアパートに帰る際に鍵を忘れて行った事があり、母親が大笑いした事があったのですが、あなた今回はそれ以上ですよ・・・。

まぁ良くも悪くも親子で似たような事やってるなぁ・・・と思いました。
因みに母親と弟は同じ血液型、行動パターンも非常に似ております・・・。

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

WRC世界ラリー選手権 Round.12

wrc_rd12
まぁ本当は先週のうちに見てはいたんですけどね・・・^^;
なんとなく書くタイミングを逸していた&昨日の再放送をちょろっと見たのでという事で。

第12戦は地中海のキプロス、高い気温と乾燥した路面、低速エリアが多いなどマシンとドライバーに厳しいラウンドです。
以下、またいつも通りに・・・。

○第一レグ
開始早々、BPフォードのグロンホルムが飛び出す。
シトロエンのローブも2位を確保し、その後にヒルボネンとここ最近のパターンに。
その他ではスバルのアトキンソンが安定した走行をみせ5位、一方スバルのエースであるソルベルグはまたもやミッショントラブルが発生。
インプレッサの泣き所『ガラスのミッション』が早々に砕ける・・・。
第一レグについてはシトロエン勢が安定してたかなぁ?という感じです。

○第二レグ
ラリージャパンと同じパターンがまたもや・・・。
トップを走るグロンホルム、それを追走するローブ、タイム差は僅かという状態でグロンホルムがスピン、タイムを落としてローブが首位に立つ。
3位のヒルボネンは前の2台には追い付けないものの、安定した走行で順位キープ。
一方のスバルなんですが・・・。
昨日と変って復活したソルベルグが11位から7位までジャンプアップ、しかし前日好調だったアトキンソンがエンジントラブルで後退と。
スバルはトラブルがないラリーはないのかって位の状況っすね・・・。

○第三レグ
第二レグで首位に立ったローブ、こうなると速いですね流石にw
まぁ最終レグなので上位はリスクを犯す事もなく上位3人はそのままフィニッシュ。
ローブは最多勝利記録を28に伸ばす結果となりました。
その一方でフォードが2位3位という結果になったため、マニファクチャラーズでシトロエンとの差を9にまで詰めてきました。
浮き沈みの激しかったスバル陣営も、ソルベルグが8位、アトキンソンも9位でフィニッシュとなりました。
勿体なかったのがシトロエンのソルド。
総合10位ではあったのですが、SS20の市街地コースで曲がりきれずにクラッシュ。
ソルド自信も凄い凹んでましたからねぇ・・・。

さて、全体を見てて思ったのはドライバーとしてはやっぱり今はローブとグロンホルムの2人が中心になってきてるなぁ・・・という感じがします。
今回も結果としてはローブが勝利していますが、タイム差も序盤から圧倒的に引き離されるという事もなく接戦になっているので見ている方は面白くて良いですね。
あとフォードのヒルボネンの安定性は凄いですね、ローブやグロンホルムには追いつけないですが、この安定感はチーム側としては有難いとでしょうね。
その一方で相変らず問題だらけなのはスバル。
以前からトラクション不足というのは騒がれてはいるのですが、それ以前に駆動系のトラブルが多過ぎですね。旧型のインプレッサで言われてた『ガラスのミッション』という言葉が復活か?と思えるぐらいの壊れっぷりです。
ソルベルグが良いタイムを出しても次のSSでは破損して後退と、ほんとこんな事がありすぎです。
前回の時にも言った気がしますが、こんなに信頼性がない車だとドライバーが可哀想ですね・・・。

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

しんみりと、という訳ではないのですが・・・

月曜日にコブクロのアルバム『ALL SINGLES BEST』を手に入れてから良く聞いています。

ほんと良い曲が多いなぁ・・・と思いながら聞いてはいるのですが、その中でもヘビーローテになる曲がある訳でして・・・。
自分の場合は、『桜』を良く聞いています。
比較的新し目の曲ですが、この曲自体はコブクロがメジャーデビューした曲『YELL -エール-』よりも前に作られていた曲なんですよね。


人はみな心の岸辺に 手放したくない花がある
それはたくましい花じゃなく 儚く揺れる一輪花
花びらの数と同じだけ 生きていく強さを感じる
嵐吹く風に打たれても やまない雨は無いはずと

桜の花びら散るたびに 届かぬ思いがまだひとつ
涙と笑顔に消されてく そしてまた大人になった
追いかけるだけの悲しみは 強く清らかな悲しみは
いつまでも変ることのない
君の中に 僕の中に 咲くLove・・・


季節外れだし、なんとなく切ない感じもしますが、またそれも良しということで・・・。
ちょっとセンチメンタル、みたいな?(ナイナイw

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽/映画/TV等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

DEMODE HEAVEN@東京都福生市

先日のお台場に行った時の続きといえば続きなのですが・・・。

時間も時間だったのですが、夕食を取るためにちょっと足を伸ばしました。
向かったのは東京都福生市、うちでは最近良く出て来る単語ですね・・・^^;
都内から1時間程度の道のりで、帰りも中央道経由で帰ればいいやぁという事で向かった訳です。
首都高の台場ランプから高速に入ったのですが、C1合流で少し混んだ程度で後はスムーズに移動できました。

で、到着したお店が『DEMODE HEAVEN』というお店。
demode_h
(画像は他所から拝借してきました・・・。)
看板には『ZUCCOTTO』とも出ていますが、じつはこの2店舗って繋がっているんですよね・・・。
『ZUCCOTTO』の方がどちらかというとカフェっぽい感じらしいので今回は
『DEMODE HEAVEN』の方へ入りました。

このお店、実は以前に行った事がある『DEMODE DINER』と同じ系列のお店と言う事なのでメニュー的には似たり寄ったりかななぁ?と思い行ってみたのですが・・・。
時間も時間なためか結構空いていて、他に2組くらいしかお客さんがいませんでした。
DEMODE DINERと同じかんじかなぁと言う事で、友人にはロコモコをオススメしそれを注文、私はタコライスを注文したのですが・・・。

しばし待つとまずロコモコが運ばれてくる。
そしてその量に思わず笑うw
いあ、同じ系列なので量なども同じようなかんじかなぁと思ってたのですが、こっちの方が全然量が多かったですよ・・・^^;
私の注文したタコライスも運ばれてきたのですが、これも結構量がある・・・^^;
でも実際に食べて見ると、野菜の比率が多いので見た目と違い比較的アッサリお腹に収まりました。久しぶりのタコライスを美味しく頂けました。^^

一方、友人のロコモコですが、本人『この量はちょっと・・・^^;』と当初は言っていたのですが、なんだかんだで結構食べていました。
聞いて見ると、『このソースが美味しい』という事で結構食が進んだそうです。
でも、流石に量が量なので残していましたけどね・・・^^;
余ったのを少し食べさせて貰ったのです、言ってた通りグレイビーソースが美味しい。ひとくち貰うつもりが数口頂きました。^^;
それでも私自身もタコライスは納まっているので余りましたけどね・・・^^;

今回、両方とも美味しかったのですが、流石に量にやられた感がありました。
友人曰く、『もう片方のお店にもいってみたい』という事だったので、次に来る時はDEMODE DINERの方になるかなぁ・・・。

でも、胃袋の許容量に自信がある人はコッチのほうがオススメかもです。

DEMODE HEAVEN
【お店】DEMODE HEAVEN
【住所】福生市福生2223
【TEL】 042-553-5851


補足
実はこのお店、現在公開中の映画『シュガー&スパイス』の撮影でも使われているんですよね。
実際は『ZUCCOTTO』の方のオープンテラスの方で撮影をしたみたいです。
あとこのお店の裏側に映画でも使用されていたVWのミニバスも置いてありました。

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | オススメのお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

この週末の日曜日

実は友人とお台場まで遊びに出かけていました。
目的地はデックス東京にある東京ジョイポリス。
Joypolis
以前から行こうと約束していた事もあり、なんかぽんぽんと話がまとまり出かけてきました。

お昼少し過ぎくらいにお台場に着けばいいかな?という事で出発したのは10:00頃、まぁのんびりと移動。
東名から首都高湾岸線経由で13:00頃にお台場には到着したのですが・・・。
駐車場の空き待ちで30分程待たされる・・・^^;
まぁ、なんとか車を止めてデックス東京へ。
この時点で完全に二人揃っておのぼりさん状態w

お昼ごはんがまだだったので、どこで食べようかという事でふらふらと。
しばらく彷徨うもサンセットビーチブルーイングカンパニーというお店に入る。
お昼の時間からずれているのに結構混んでいる・・・^^;
レインボーブリッジの見える窓側の席に案内されてとりあえずのんびりと。
天気も良かったので景色も良く見えてほんとにのんびりしてしまいました。

その後、目的地の東京ジョイポリスへ。
流石に連休の中日、混んでる混んでる・・・^^;
どのアトラクションも大概30分〜60分待ち、こりゃあまり乗れないかなぁと思いながらも列に並ぶ。
途中、ハロウィンイベントのビンゴ大会に参加したりしたので、アトラクション自体はあまり数をこなせませんでした。
で、今回乗った(?)アトラクションは3種。

・着信アリ Final 〜特別編〜
・セガ・ツーリングカーチャンピオンシップ・スペシャル
・激走〜ワイルドジャングル〜

自分的には珍しいというか、知っている人からすれば『え?』というようなヤツも今回は入りました。
というか、拒否権無かったです・・・orz
デモガンバッタヨ、ウン。

この3種をこなした時点で時計を見ると既に19:00を軽く回っていました。
正直、待ち時間が結構きつくなり、もういいかぁという事でジョイポリスは終了。

その後、デックス東京でふらふらとしながら買い物をしたりしてました。
その際に、なんだかんだで喉も渇いていたので、ハチクロカフェもちょこっと立ち寄りました。
噂の等身大はぐと巨大ウミノグマも置いてありましたよ。
ここでバナナエスプレッソのスムージーを頼んだのですが、結構バナナの味が強かったかなぁ・・・。
でも美味しかったですよ。

ある程度ふらふらした後にお台場海浜公園側の方へ向う。
既に外は真っ暗で、レインボーブリッジもライトアップされたりしていて結構綺麗でした。
ウッドデッキのベンチでちょっと休憩、まぁ色々とくだらない会話なんかをしていました。
が、しばらくするとだんだん寒く・・・、何気に風が強かったんですよねぇ・・・。
という訳で撤収、駐車場へと向いました。

夕食はお台場以外の所に寄ったのですが、まぁそれはまた後日ということで・・・。

まぁ色々と予定外の出来事なんかもあったけど、思い切り羽を伸ばせて遊べたかな?という感じでした。
ジョイポリスではまだ遊びたいものは幾つかあったんですが、それはまぁ、また次の機会にでも・・・という感じでした。

次にもちゃんと楽しみを取っておかないとね。

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行/お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

X-TRAIL JAM 日本人選手投票

x-trail jam
12月の9日、10日と東京ドームで行われるスノーボードイベント『X-TRAIL JAM』の公式HPで、日本人出場選手の投票が行われていたので、去年に引き続き今年もやってみました。
今年はクウォーターパイプ(以下QP)とストレートジャンプ(以下SJ)それぞれ3名選んで投票と言う事で去年より1名減っての投票になったため結構悩みましたが、こんな感じにしてみました。

○クウォーターパイプ
・布施忠(BURTON)
・村上史行(FORUM)
・吉野満彦(BURTON)

○ストレートジャンプ
・松井克師(VIRUSSNOW)
・石原崇裕(加塁眞乃)
・高橋成明(BATALEON)

QPの方は魅せる<宴Cダーを選んでみました。
日本人初のバートンワールドチームメンバーで数々の映像を残している布施忠、2005年のAIRMIXでバカでかいエアーを決めた村上フミオ、マックツイストのスタイルが綺麗な吉野満彦と、それそれスタイルに特徴があるメンバーを選んでみました。

一方、SJの方はもう完全に個人的なシュミですね・・・^^;
ノーマターMC、そしてたぶん最年長(35歳!)である松井克師、パイプのイメージがどうしても強くSJを飛んでいるのをあまり見た事がない石原崇裕、そしてトヨタと同様にこっちでも活躍して欲しいと思う高橋成明、こんな感じでしょうか。

あと、日本人出場選手で事務局推薦という枠で面白そうな名前が結構挙がっていました。
マサカリ≠ナ名前を売った谷口尊人、トリノ五輪代表だった中井孝治、そしてノーマターでは昨年ピックアップされていた工藤洸平とある意味次世代ライダーがずらりと・・・

ちょっと今年の大会は見てみたいかも・・・^^;


補足
そういえば高橋シゲってボードのスポンサー変ってたんですね・・・。
『BATALEON』というメーカー、初めて知りました。^^;

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(2) | スノーボード(雑記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

文化庁メディア芸術祭?

なんてタイトルの記事を見つけたのでみて見ました。

なんか4ジャンルくらいでメディア芸術100選とかやってたのですが、手近なところで漫画部門をちょっと見てみました。
まぁ、自分の本棚の中のものがあるかどうかみたかっただけなんですが・・・。

あの・・・100選の割に50位までしか表示されてないのはなんでなんでしょう?w

まぁそう思いながら本棚と比較。
結果、こんな感じで該当。

4位:鋼の錬金術師
22位:HELLSING
33位:タッチ

ハガレンとタッチは比較的名前が売れているのでこんな感じかなぁと思ったのですが、驚いたのがヘルシングの順位。

いぁ、あの血みどろの漫画でこんな順位高いんすか?^^;
プロテスタントとカトリックの対立にナチスとの抗争とか、テーマ的にもかなりヤバイネタを扱い、かつ人間がもうゴミのように惨殺されるシーンが大量にあるアレがこの順位なの?とかなり驚きました。

そんな事いいながら、今日の仕事帰りに買ったヘルシングの新刊を先程普通に読んでたりするんですが・・・^^;
今回も禍々しい内容だわ・・・ほんと。

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

いろは堂@長野県鬼無里

irohado
先日、小布施に行った後に向かったのがここです。
白馬と長野のほぼ中間地点にある鬼無里(きなさ)のおやき屋さん『いろは堂』さんです。

もともとこのお店は3年くらい前から知ってはいたんですが、実際にお店に行くのは今回が初めてです。
ツーリングや旅人さん系のHPで色々紹介されていて、それを見て知ったのですが、お店のHPで通販も受け付けていたので少し前に取り寄せた事があったんですが・・・。

これがまた、今まで食べた事のあるものとは全然違って驚きましたよ、えぇ。

高速道路のSAなどでも最近はおやきって売っているのを良く見るのですが、大体は肉まんみたいな皮に具材が入っているような感じなのです。
しかしこれは少し小振りなんだけど皮が薄くて具が多いんですよ。
そして名前どおりに、ちゃんと焼いてあるので皮が香ばしくて美味しいんですよ。

旅人さん系のHPでの紹介なども気になっていて、一度は行って見ようと思っていたので今回、長野市からとことこ山道を走り鬼無里に向かいました。
外観は画像の通りなんですが、内装もまた古民家風で良い感じでした。
ほんとはココで焼きたてのおやきを・・・と思ったんですが、昼食を取ってから2時間もっ経っていなかったためにオナカが全然減っていない・・・^^;

結局、今回もお持ち帰りの方向でという事になったのですが・・・。
なんと商品を待っている間にお店の方が『お試ししてください〜』と焼きたておやきを持ってきてくれました。
えぇ、試食なので当然タダです・・・^^;

今回頂いたのが、野沢菜と野菜ミックスの二種。
半分に切ってくれてあったので私は野菜ミックスの方をいただいたのですが、これがまた美味しいのなんの・・・^^;
やっぱ焼きたてなので皮がパリっとしていて香ばしくで良いですね〜。
あと皮にそば粉が混ざっているので、ほのかにそばの香りもすると・・・。
いやはや、とても美味しく頂きました。^^

旅人さん系のHPで結構リピーターになる人が多いと書かれていたのですが、それもナットクできるような感じでした。^^


いろは堂公式HP
http://www.irohado.com/

補足
今回は長野市の北側から戸隠方面に向かう山道を通って鬼無里に向かったんですが、実際は長野五輪に併せて作られたオリンピック道路を通り、小川村から鬼無里方面に向かった方が楽な様です。
今回行かなかったんですが、この小川村もおやきで有名なお店があります。
今度はそっちにも行ってみたいかな?

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | オススメのお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

傘風楼@長野県小布施町

sanpuro_001
先日出かけた小布施で入ったお店です。
のれんの通り、小布施堂というお店の系列で外観は物凄い和風ですが、実は洋食屋さんです。
以前はオムライスとかが売りだったのですが、最近リニューアルしたらしく、メインがイタリアンに変ってました。

今回は1,000円のランチセットを頼んだのですが値段の割にボリュームがありました・・・^^;
sanpuro_002
内容は
・水菜のサラダ
・パスタorピッツァ(本日の3種から1品チョイス)
・ドリンク(コーヒーor紅茶)
これが基本セットなんですが、これ以外にバジルとブラックオリーブの入ったフォカッチャと小さな栗の落雁が付いてきました。
イタリアンと落雁?とそのミスマッチさに驚いてしまいましたがくどくない栗の軽い甘さが意外とあっていて驚きました。

味も決して悪くなく、これで1,000円でいいのか?という感じの味とボリュームでした。
今回、うちの親がピザも食べたい!という事で単品でこれも注文したのですが、正直これはいらなかったかなぁ・・・という位の量になってしまいました。
因みにピザも生地が薄めのタイプで非常に美味しかったですよ。^^

栗の街ということで栗おこわなど比較的和食イメージが強い場所なのですが、この洋食という選択もある意味アリかなぁ・・・そんな感じでした。

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | オススメのお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。