2008年02月29日

週末雑記

怪我しました。(挨拶

いあ、スノーボードとかではなく、会社の事務所移動をしている最中に撤去する木製ロッカーを破壊している際になんですけどね。
ベニヤをひっぺがそうと思い切りぶっ叩いた所、裏に補強が入っていた所らしく・・・。
ハハハ、俺バカですな・・・。・゚・(ノ∀`)・゚・。
現在、箸が使えません、マジでアホだな・・・俺・・・・orz

○いい加減もう辞めてくれい
何の事かというと福田という首相をやっている親父。
昨日、例の冷凍ギョーザの一件で共同で捜査を行うとした矢先に独断で中国が行った発表、『毒物が中国国内で混入した可能性は低い』とした発表を行い、警察庁長官が反論しメディアでも問題になっていた中でその中国側のコメントを知ってか知らないかは判りませんが、『(中国側は)これからも日本と共同して、しっかり調査したいということを言っていたのではないか。非常に前向きだ』とコメントしたそうで。
・・・・・・・。
バカかテメェは。
一国の首相が、国内よりも対外的な事を優先するんですかね?
中国の為に国内が犠牲になってもいいと?アホかテメェは。
今までも他人事の様な発言を繰り返し、何なんだコイツはと思ってはいましたが、ココまでとは・・・。
コイツを選んだ自民のじーさん達もいい加減に考えろやという気がしますね。
自分達で引きずりおろした安倍さんや麻生さん、彼らがこの状況だったらどう対応したでしょうね。
少なくても国内を軽視するような事はしなかったと思います。
まぁ民主も揃って中国様〜な感じなので、自民以上にダメダメでしょうけど。
首相って国民投票で選べる様にならないですかねぇ?
今の状況じゃ派閥の意向が全てですからねぇ。

○WRC rd.3 メキシコ
この週末でWRCの第3戦メキシコが行われます。
ヨーロッパラウンドから移動し、今期初のグラベルラリーとなる訳ですが。
シェイクダウンの段階でちょっとした波乱があったみたいです。
前年度チャンピオンのローブのマシンがエンジントラブルにより一旦積み替えを行ったそうです。
現在のレギュレーションではエンジンは2戦で1基のエンジンを使用し、トラブルが発生して積み替えを行った際には、積み換え後のラリーのスタート時に5分のペナルティを受けてスタートするという事になっています。
その為、ローブのマシンは5分のペナルティを受けるハズだったんですが・・・。
それを嫌ってか、一度新しいエンジンに乗せ換えたのに再度壊れたエンジンに戻してペナルティを受けないというちょっと?って感じの作業をしたそうです。
ただエンジン自体は壊れているないし不調という事みたいなので、ベストなパフォーマンスではないと。
ローブとしては前戦でリタイア、そして今回もペナルティ付きでスタートとなるのは避けたかったのかもしれないですが、コレがどういう結果になるのか気になる所です。

○ここのところ
どうも自宅で使用している無線ルーターの調子が悪いようで。
以前から買い替えを検討はしていたのですが、ここの所どうも調子が悪く無線で繋いでいる両親の所でネットに繋げなくなるという症状が多発しています。
そういう時はルーター側の電源を入れなおすと復旧する感じだったんですが、最近は一旦電源を切るとなかなか電源が入らないという現象まで起きてきていると。
昔、机の上に置いてたのを親が引っ掛けて何度か落っことしてくれましたからねぇ・・・(´・ω・`)
そのへんも影響はしてきてるんでしょうね、多分。
今回は電波出力が強力な奴を導入しようかと考えています。
2Fの自室から1Fのリビングで電波が拾える様になると便利ですからねぇ。

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

3月のライオン

昨日に続いてまた本の話ですが・・・
ブックオフの後に今度は普通の本屋へ。
ここでも1冊を買ったのですが・・・。

3月のライオン
ここで買ったのは羽海野チカの新作『3月のライオン』。
ヒット作『ハチミツとクローバー』の次作という事と、掲載誌が青年誌という事で結構話題にはなったみたいです。
私もハチクロの後の新作という事で興味があり、単行本化を待っていたので購入したという訳です。

帰宅後に読んでみたんですが・・・。
スタートから結構暗い感じでちょっと驚きました。
どうしてもハチクロとの比較になってしまうんですが、あっちは初めは比較軽いスタートでだんだん深い内容になるという感じだったのですが、こっちはいきなり暗い感じで始まってちょっと驚く。
でも暗いながらに色々考えさせられる事もあるような内容でした。
取り上げられている様な事って、実際にもありそうな話ですからねぇ・・・。
ただ、暗めながらも所々に笑いのエッセンスは入ってはいるんですがw
主人公のプロ棋士、桐山零のプロ初戦の対局の相手の書き方なんかある意味ツボをしっかりと押さえられているようなw

まだ1巻だけしか出版はされていないですが、これもハチクロ同様に回数を重ねる毎に味がでてくるんでしょうかねぇ・・・。

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

カシオペアの丘で

先週末、仕事帰りに寄り道で本屋さんに立ち寄りました。
そのついでで、ブックオフにも立ち寄り、2冊のハードカバーを購入しました。

カシオペアの丘で
購入したのは重松清の『カシオペアの丘で』という本の上下巻。
以前に本が好きな某氏に勧められて、ちょっと気にはしていたのですが上下となると結構気合いるかなぁという事でどうしようか悩んではいたんですよ。
そんな中、ブックオフでたまたま中古書籍で見つけたので購入してみました。
値段も1冊分で上下そろいましたからねぇ・・・^^;

このお話、内容説明を見るとかなり重いです。
まだ中身を読んでいないので細かい所までは判らないのですが、主人公は40歳を目前にして末期がんの宣告を受けて、人生の終わりを突きつけられる。
家族を残して逝くことに苦悩しながらも、もうひとつ自分の故郷でやっておかなければならない事があった。
と、言うのが簡単な説明なようです。

正直、末期がんの宣告を受けてからスタートする話という事でかなり重い気がします。
また設定年齢も40前という事で妙にリアリティがあるので少し怖い部分もあるんですが、レビューを見ると概ねの高評価。

ただ娯楽作品とは思えないので、読みながら色々考えさせるんだろうなぁとは思っています。
まぁじっくり読みましょうかねぇ・・・。

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

並行の悲劇

昨日の日記の続きみたいな感じですが・・・。

カムイみさかで、そろそろ帰ろうかなと思った際にトラブルが起こりました。
右足を固定したビンディングのストラップがいきなり外れなくなる。
初めは雪でも噛んだのかな?と思うもどれだけチカラを入れても外れる気配がない。
左足を外して色々試すもウンともスンとも言わない。
これどうやって外そうかと悩んでいたのですが、最近のビンディングは調整用のネジがドライバー無しで回せるタイプなのでそこを外してとりあえずブーツとビンディングを外す。

帰宅後に無理やりヤスリを突っ込んで強引に外れなかった部分を取り外す。
今回トラブルがあった箇所はラチェットの部分。
cartel
画像は正常な左側の物ですが、これがストラップをリリースしなくなったのが今回のトラブル。
もともとバートン製のビンディングってこの部分が弱いと言われてはいたんですが、こんな直ぐに障害が出るとは思いもしませんでしたよ・・・。
前に使っていたフラックスの物は障害という障害は起こらなかったですからねぇ・・・。
強いて言えば塗装がハゲるくらいで、実使用には問題のない部分でしたからねぇ・・・。

そして今回、ちょっと困ったのがこのビンディングの入手経路。
フラックスと同じようにトラブルが起きない事を前提に考えてしまい、並行輸入品を通販で買ったんですよ。
えぇ、すっかりバートンのビンディングの弱点を忘れていたんですよ・・・。
並行の問題は保証書が付かない事、なので修理等を行うにしても保証書がないので出来ないと。
仕方なく翌日、このラチェット部分だけ購入しようとスポーツショップに出かけたのですが・・・。

最初に某シ○トリに行くも、ここでは保証書が無いと部品の購入すらできないと。
うへぇ・・・・orz
こんなとこでも並行故の問題が出るのかい・・・。
ダメ元で近くのスポ○ンにも行ったのですが、こちらは部品が普通に店売りされている・・・。
でもCartel用の部品が無いので、とりあえず店員に確認。
部品の取り寄せは出来るとの事で注文はしたんですが、部品代と送料で2,600円・・・。
まぁ、壊れてもココで部品が買えると判ったのはいいんですが・・・。


教訓
ビンディングとブーツだけは正規にショップで買った方がいい


板自体にトラブルが起こる事はないけど、こういう金具系は起こる場合がありますからねぇ・・・。
安いに越した事はないけど、安心を買うと考えるならちゃんとショップで買った方がいいですね・・・^^;

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | スノーボード(雑記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

New Weapon

古くても新しい(挨拶

2週間ほど前なんですが、中古で板を購入しました。
人によってはまた?と言われそうですが、3年前に買ったEvdeavorの板から買ってませんからw

で、今回購入したのがBurtonのBLUNTという板。
blunt155-01
今から3シーズン前のモデルになるのかな?
実は少し前からソフトフレックスの板が欲しくて色々探していました。

今まで使用していたEndeavorのLIVE157はいわゆるオールラウンダーな板でした。
使い勝手も悪くなく非常に乗りやすい板なんですが、ひとつ気になっていたのがウエスト幅の広さ。
買った当時、自分の足の大きさを考慮してワイドラインを選択したのですが、これがちょっとワイドすぎな気がしていたんですよね・・・。
一般的なラインが25cm幅とすると、今までの板は26.5cmとかなりのワイドボード。
この1.5cmの差が結構当初は乗りずらく感じてはいたんですよね・・・。
白馬でパウダーランとかをする際には表面積が広い分、浮力が得られて面白いんですが・・・。

そんな事もありウチの弟と相談して何種類かのボードに絞って中古の程度のいい物を探していた訳です。
blunt155-02
トップシートにリフト待ちで付いた傷がありますが、それ以外は特にステッカーも貼られていないので綺麗で、ソール面も大きな傷もなく非常にいい感じ。
金額的に1万円チョイくらいだったので、コンディションを考えれば良い買い物だったと思います。

今回のこのボードはウエスト幅が25.5と少し広めですが、それでも前の板とは1cm狭くなります。
あと小回りが良いようにと長さも今までの157cmから155cmに変更しました。
そんな訳でこの週末に、様子見を兼ねてカムイみさかにでかけてきたんですが・・・。
乗り易いには乗り易い、非常に小回りも効くし板も軽いしプレスの類もかけ易いんですが・・・。
コンディションの影響もあるのかイマイチ乗れてない。
毎回、この少し暖かくなった頃に調子を落とすので、そのせいかな?という気もしないでもないですが、なんか乗らされている感覚が・・・w
板を変えた事で、スタンスの変更などもしたので、その辺も影響はしてるんですかねぇ・・・。
単に慣れていないだけなのかもしれないですが、まぁその辺は使っていくうちにという感じで、板の性質自体は自分がこういうのが欲しい!と思っていた物だったので非常に満足。

ただ、そろそろあがろうかなと思った時、思いも寄らない部分でトラブルが出たんですが・・・。
まぁソレは明日にでも・・・。

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | スノーボード(雑記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

週末雑記

花粉の時期がやってきました。
この時期だけは雪の多いエリアに移住したいです、ハイ。
いえ、雪があればボードができるからとかじゃなくて、それだけ寒いと杉花粉もまだ飛んでませんからねぇ・・・。
確かに前者の理由も多少は≠りますが・・・。

○イージス艦と漁船の衝突事故
なんとなくこの影響で、中国のギョーザ問題が隠れたような気がして仕方ないんですが・・・。
この事故、政府や防衛省の対応に確かに問題はあります。
漁船側には非はないでしょうし、事故については非常に残念だとは思います。
ただ、あまりにもマスコミはヒートアップしすぎじゃないですか?
某アサヒってる新聞については、周囲をまともに見れないような艦船はいらないんじゃというアホな論理まで展開しています。
いあ、航行用の仕組みと防空用の仕組みは別ですから。
この件は十中八九で人間的ミスでしょう。
その点については政府側も言っていい部分についてはサッサと公表してしまえばいいとは思います。
ただ、ぶつかった艦船がイージス艦というのがちょっと問題になってるんじゃないですかね・・・。
国防という視点でみると、イージス艦と潜水艦は最高機密扱いのシロモノです。
以前、イージスシステムの情報が中国に漏れて問題にもなりましたしね。
これが護衛艦の類ならここまで大事にはならなかったのかも知れないと、ふと思ってしまいました。

○キングコング西野に物申す
ちょっと以前から某氏との話題になっているのが、キンコン西野のブログ『西野公論』について。
ここ最近、2ちゃんねらー批判で色々と言い放っていますけど・・・。
こういっちゃなんですが、彼の言動をみるとあまり2ちゃんねらーと変わらないんじゃないですか?
ガキの喧嘩にガキが喧嘩売り返しているという感じ。
少なくても『西野公論』なんて名乗るような高尚なイメージはないです。
それこそチラシの裏とあまりかわらないんじゃないの?という印象さえ受けます。
しかも、最近よくあるブログの炎上を避けるためか、コメント欄は閉鎖し一方的に言いたい事だけを言う、ある意味喧嘩の売り逃げじゃないんですかね?
別に2ちゃんねらーの擁護をするわけでなく、冷静に見ての判断です。

○気になる本
ちょっとネットを巡回してて気になった本が二冊。
ひとつは漫画なんですが、ハチミツとクローバーの羽海野チカの新作『3月のライオン』の単行本が今日発売だそうです。
単行本化されるのを待っていたのでコレは追々チェックと。
そしてもう一冊気になったのが日経BP社から出版された『がんばれ!銚子電鉄 -ローカル鉄道とまちづくり-』という本。
一昨年の年末にネットから広まった銚子電鉄の騒動、同社に勤務する筆者が一連の騒動の舞台裏をまとめたのがこの本です。
この騒動、何かと悪い方向に取られるネット発の話の中で色々な人が協力をして色々な問題をひとつづつクリアしていくきっかけが作られました。
悪い部分だけ目が行くけど良い面もある、その恩恵を受けた会社側はどう思っていたのか?そんな面を知るには面白い本だと思います。
ちょっと今日は本屋に寄っていこうかな・・・。

○人間は怖い生き物だ
ちょっと最近思った事。
表と裏を上手く使い分けられる人間の二面性を怖いと思った。
その反面、よくもまぁそう割り切れるなと、ある意味呆れながらも感心しましたが・・・。
私自身、AB型故にニ面性があるとは言われます。
でもそれは、やたら細かい部分と大雑把な部分が日によって入れ替わるケースがあると言う事であって根底の部分は変わっていないつもりです。
なので人と話をするときも、結構さくっとぶっちゃける場合が多いです。
ところが、人によっては表の顔と裏の顔を上手く使い分けれる人がいるんですね。
比較的、自分の知り合い(男女含めですが)ではそこまでの二面性をもった人はいない気がします。
なので余計に驚いたというかなんというか・・・。
何と言うか今までに遭遇したことのない類なものに会ったという感じでしたね。
人間の本質なんて理解はできない、それは当然なんですが、ああもサックリと使い分ける人を見ると驚き、呆れて感心したと妙に複雑な印象を受けました。
ただ、こういう類の人とは正直うまく付き合えそうもないとも思えましたね実際。
別にそれに対してどうという気はないんですが、妙に複雑な感覚でしたよ、ハイ。

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

これが公式戦か?

何かと言うと昨日行われたサッカー東アジア選手権の話。
基本的にネットのニュースで結果だけを知ったのですが・・・。
オシムが退任して岡田になってから全く見る気が起きないのはなんでだw

それは置いておいて、昨日の中国戦ですが結果だけ見れば勝利して御の字なんでしょうが・・・。
問題なのは内容なんです。
今回、アンフェアなジャッジとラフプレーの数々が全く正式にジャッジされていません。

まずはコレ。
vschina01
日本選手と中国側キーパーの交錯シーンというのがテレビなどでは報道されていましたが、これ交錯というよりは明らかに飛び蹴りにいってますよ・・・。
はじめこの画像だけ見た時に『え、少林サッカー?』と思いましたよ。
メディア媒体ではこの蹴りのあとのいかにも交錯したという部分しか使っていませんが、これが真実なようで・・・。
つか、なんでここを使わないの?明らかにマズイでしょ、公式戦で。
このプレーは結局、カードも出なかったそうです。

vschina02
ふたつめがコレ。
おまえさん、プロレスじゃないんだから・・・。
これも小競り合いがあったものの、カードの類は出なかったそうで。
本来なら両者イエローでもいいはずなんですがなんでだ?

後で判ったのはこの試合の審判は北朝鮮と韓国の審判。
そりゃアンフェアになるわな・・・。
ここまで明らかなミスジャッジが多いと、正直国際舞台でやった場合どうなるのよ?という気がします。
少なくても、出場国以外の所から審判は呼ぶべきじゃないんですかね?

兎に角、オリンピックの前に勝ってハクをつけたいのかどうかは知りませんが、あきらかにマトモな試合にはならなそうですね、このシリーズ。
というか、ほんとにこんな偏ったとこでオリンピックするの?

オリンピックが近づくにつれて、ますます対中国への不信感が募ってる気がします。
それを必死に隠そうとするマスコミ媒体も問題ではあるんですけどね。

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

全巻読破?

ネットニュースをなんとなく見ていて面白かったのが、最も全巻読破されたコミックランキングなんて記事がありました。

これは、『全巻読破.com』という所で2007年の売上データをもとにしてランキングを作成されたというこなので、あくまでもこのサイトでのランキングという訳で、世間一般ではという部分はあります。
でも目安としては面白いなぁと思ってランキングを見てみました。
そのランキングってのがこんな感じだったんですが・・・。

1位 ドラゴンボール[1〜42全巻] 鳥山明
2位 ドラゴンボール [1〜34全巻] 完全版 鳥山明
3位 MASTERキートン [1〜18全巻] 浦沢直樹/勝鹿北星
4位 DEATH NOTE(デスノート) [1〜12全巻] 大場つぐみ/小畑健
5位 花ざかりの君たちへ [1〜23全巻] 中条比紗也
6位 ジョジョの奇妙な冒険 [1〜63全巻] 荒木飛呂彦
7位 フルーツバスケット [1〜23全巻] 高屋奈月
8位 SLAM DUNK(スラムダンク) [1〜31全巻] 井上雄彦
9位 クローズ [1〜26全巻] 高橋ヒロシ
10位 プリティフェイス [1〜6全巻] 叶恭弘
11位 三国志 [1〜60全巻] 横山光輝
12位 花より男子(はなよりだんご) [1〜20全巻] 完全版 神尾葉子

なんとなく知名度的に知られているという物と、ドラマや映画など映像化された作品が多いような気がしました。
実際、それをきっかけにしてというのは私もあるので当然といえば当然な気がしますが・・・。
でもこのランキングで見ると、全部コミックで読んだってのが意外と少ないんですよね・・・。

1位 ドラゴンボール
    →雑誌では読んだけどコミックでは読んだ記憶が・・・
2位 ドラゴンボール完全版
    →同上、だって同じ作品だし
3位 MASTERキートン
    →タイトルは知っているけど読んだ事はない
4位 DEATH NOTE
    →前半しか読んでない
5位 花ざかりの君たちへ
    →タイトルくらいしか知らない
6位 ジョジョの奇妙な冒険
    →第四部までしか読んでいない
7位 フルーツバスケット
    →はじめは借りて読んで、後に全巻購入(ぉぃ
8位 SLAM DUNK
    →以前は全巻持ってた、ハズせないでしょコレはw
9位 クローズ
    →タイトルは知っているけど読んだ事はない
10位 プリティフェイス
    →えーと、タイトルすら知らないデス
11位 三国志
    →三国志自体にあまり興味がないので・・・
12位 花より男子
    →タイトルは知っているけど読んだ事はない

こんな感じ。
まぁ好みってのはそれぞれなのでこうなるとは思うんですけどね。
実際、ここにはないけど子供の頃に散々読んだ北斗の拳とかも入っていないんですね・・・。
でも落ち着いて考えると、自分もラオウが死んで修羅の国だかに入った時点で読むの辞めたしなぁ・・・。
そう考えると、意外と全巻読破されるタイトルって少ないのかも知れないですね。

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

ライフアルバム / いきものがかり

ライフアルバム
いきものがかりのセカンドアルバム『ライフアルバム』を購入しました。
だいたい前作の『桜咲く街物語』から1年という感じでリリースされたこのアルバムですが、前作同様にいい感じでした。

シングルカットされていたものでは、『夏色グラフティ』、『青春ライン』、『茜色の約束』と先行シングルで販売された『花は桜 君は美し』を含む全13曲という内容。
前回同様に、最後にシングルカットされた曲のアコスティックバージョンの物が1曲入っているのですが、今回は昨秋にリリースされた茜色の約束が入っていました。
この曲はauのキャンペーンソングにもなったので、耳にした人も多いと思いますが、アコスティック版もナカナカ・・・。
ただ、前回のSAKURAほどのインパクトは無かったような・・・。

あとアルバムを買った後で知ったのですが、先行シングルの『花は桜 君は美し』って、実はインディーズ時代から歌われていた曲だそうで、そちらと比較すると微妙に違ってはいるそうです。

そーなると、ちょっと聞き比べてはみたくなりますねぇ・・・。

しかし、最近聞く邦楽のアーティストって何気にTVKの影響を受けている気がしますw
結構、sakusakuでお馴染みな的な人が多い様な・・・^^;

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽/映画/TV等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

次世代競争に幕

タイトルで気づく人もいるでしょうが、この週末にある規格の主導権争いの方向性が見えてきました。

何の事かというと、次世代DVDの規格がブルーレイ方式に一本化されるだろうという事。
これまで高画質のハイビジョン放送を長時間録画できるという次世代DVDの規格は、東芝が主導をしてきたHD方式とソニーが主導してきたブルーレイ方式で熾烈な争いがありました。

何が問題だったかというと、お互いが主導権を取りたいがために共通で使用できるハード機が無い為に、導入するにはかなりのリスクを負わなければなりませんでした。
テレビでも良く言われていますが、昔のビデオテープであったVHS方式とβ方式の違いみたいな感じで共通性が全く無いのです。
なので次世代DVDを導入するにはリスキーな状況であった訳です。

しかしながら、昨年末くらいからブルーレイ陣営に有利な情報が飛び交い初めハリウッドの大手映画会社ワーナーブラザーズが販売する方式をブルーレイに統一するという事を発表し、一気に流れがブルーレイに。
そして週末に報道された東芝のHD方式撤退と言う事で、流れはブルーレイに一本化されるという方向に向かっている訳です。

東芝の撤退により、HD方式のユーザーは今後は何も発展しないという事で、勇み足だったという事になります。
その事でメディアが今後の補填をどうするんだ云々なんて言っている所もありますが・・・。
そんなのは選択した個人の問題でメーカーの問題じゃないでしょうに・・・。
アホなマスコミはこんなとこまでバカな意見を言ってくるんだなとちょっとゲンナリしながら見た番組もありましたが。

まぁ何にせよ次世代DVDの規格が一本化しそうな状況で、比較的新しいもの好きで手を出そうかどうか迷っていた人には朗報でしょう。
あと規格が気になって某ぴ〜S3とかを買い控えていた人も手を出しやすくなったのかな?(某になってないってツッコミはナシで・・・)
ただまだまだ値段が高いので、一般的になるまでには時間がかかりそうですね。
地上デジタルが始まる頃には多少こなれてくるんでしょうかね?

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

週末雑記

花粉症の薬を飲み始めました。(挨拶

ちょっとまだ早いんですが、事前に飲んでおいた方が良いという事なので少し速めの対応と言う事で飲み始めたのですが・・・。
副作用でめちゃくちゃ眠い、というか頭がボーっとする。
仕方ないといえばないんですが、キツイですねやっぱり。

○WRC2008年のテレビ放送を見て驚いた
昨晩、第一戦モンテカルロの二度目の放送があったので見ていたのですが、ちょっと驚いた事が。
番組のナビゲーターが変わってる?Σ( ̄□ ̄|||)
昨年までは竹山まゆにサンが務めていたのですが、今シーズンは山岸舞彩サンという方が務めるみたいですが・・・。
見てての感想は、WRCについての知識は殆どないのね、って事。
何気に竹山さんが結構ツッコんだトコまで踏み込んで来るのに対し、山岸さんは慣れていないのか表面的な部分しか聞いたりしない。
まぁ慣れや知識が必要ですからね、今後どうなるのかがレース以外の楽しみって考えればいいですかね。
何気にお気に入りがミッコと言い放ったのには驚きましたがw
渋いトコつくなぁとw

○韓国南大門の焼失について一考
正直、隣の国の事なんで別に気にはしていないんですが・・・。
今回の一件、防犯防火対策の甘さと縦割り行政の弊害でこのような大事になったというスタンスで報道されています。
出火原因が放火だったという事は、なんか向こうさんでは良くあるケースなので置いておいて、同じような建築の東大門でも防火設備はセンサーと消火器だけという幼稚な物だそうです。
つか、消火器なんて初期の段階でしか役に立たないんだからもうちょっと防火対策はしっかりしましょうよ・・・というのが個人的意見。
どっかの国に勝っているかどうかを気にする前に、まずは足元を見る様にした方がいいんじゃないですかね?

○個人的メモ その@
2月17日の深夜00:40からテレビ朝日系列で今年のTOYOTA BIG AIRの放送があります。
今シーズンはX-TRAIL JAMを録画し忘れ、かつ見忘れるという事をしてしまったので、今回は忘れない様にしないと・・・(´・ω・`)

○個人的メモ そのA
本日発売されるモノ
・さよなら絶望先生(12)
・いきものがかりのニューアルバム
買うかどうかは置いておいて、まぁ気にするという事で。

やっぱ花粉症の薬の影響か、あたまがボーっとしてだめだ・・・orz

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

微妙に

花粉症の症状が出はじめてきました。(挨拶

まだ軽く鼻がムズムズする、鼻の奥がおかしいという位なんですが、こういう症状が出はじめてくると何となく気が重くなりますね。
ここ数日、強風が吹いた関係か急に症状がではじめる。

・・・気が重い・・・orz

花粉症の人はそうだろうけど、こうなってくると集中力は持たないは、鼻が詰まって苦しいは、咳は出るわでもいい加減にしろ!的な感じになるんですよね。
収まるのが4月くらいと考えると、まだ1ヶ月半もある。

先が長いよ・・・・ヽ(`Д´)ノ

今日は帰りにドラッグストアに寄って薬買っていかないと・・・。
まだいいけど、マスクの準備もしたほうがよさそうですね。(´・ω・`)

はぁ・・・orz

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

雪の河口湖周辺

さて昨日の続きみたいな感じなのですが・・・

カムイみさかの帰りに河口湖の周りをぐるっと回ってみました。
みさかに向かう途中で収めた画像もあるのですが、まぁその辺も含めての週末の様子をって感じです。

富士宮鳴沢線
まず富士宮鳴沢線の様子、本栖湖を望めるパーキングのちょっと先のあたりで撮ったのですが、場所によってはこんな感じになっています。
ノーマルでも行けなくもないけど、ちょっと厳しいかも?って感じです。

河口湖大橋信号下周辺
次が河口湖大橋を渡った所にある信号の所から撮ったもの。
いわゆる信号下とよばれるポイントの周辺なんですが、湖面が所々で凍結しています。

ハワイボート前
ここから帰りがてら撮ったものですが、オルゴール館の近所にあるハワイボートというボート屋さんの前で撮ったもの。
ここも岸側の一部が凍結しています。

八杭周辺
これは多分八杭周辺だと思うのですが・・・。
運転しながら撮ったのでイマイチ覚えていないんですが、このあたりはガッチリと湖が凍結していました。

長浜
こちらはブラックバスのシーズンは良く行く長浜エリアなんですが・・・。
いい感じで雪が積もっています。
軽くスネくらいまではあるかな?って感じでした。
長浜その2
長浜旅館の所もこんな感じ、流石に釣りにきている人はいませんでしたw

小海周辺
河口湖を周回する道路ですが、日陰になっている所はやっぱりこんな感じでした。
ノーマルタイヤだとちょっと危険かもですね・・・。

道の駅かつやま2
そしてこちらもシーズン中はよく利用する道の駅かつやまなんですが・・・。
集められた雪がえらい事になっています。
道の駅かつやま
シーズン中は昼食でお世話になる売店周辺もこんな感じ。
全然雰囲気違いますね・・・。

小海公園
道の駅かつやまの前にある小海公園も、完全に芝生が雪で覆われています。
所々に作られていた雪だるまがなんか微笑ましかったり。
でもこんな状況でありながら、キャッチボールをしている人が居たのには驚きました。

太田和交差点
最後が国道139号にある大田和交差点、139号から勝山方面に向かうのに使う交差点ですが、やっぱこのあたりも雪は多いですね。

ざっとこんな感じ。
ここ数年、みさかに向かう際にこの辺りを通るのですが、ここまで雪が積もっているのは初めてな気がします。
また湖面がここまで広範囲で凍結しているのもはじめてな気がします。

ただ昨日も富士河口湖町で氷に乗った子供が湖に転落して亡くなるという事故がおこりました。
観光で行かれる方もいると思いますが、間違っても氷には乗らないように。
結構カチカチに凍っている様には見えますが、薄い部分もありますしね。
見た目にダマされないようにw

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行/お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

気分転換@カムイみさか

昨日の午前中、気分転換を兼ねてカムイみさかに行ってきました。

本来なら3連休なので、もうちょい足を伸ばせるハズではあったんですが・・・。
急遽週末に確定した土曜の休日出勤で土曜日は×。
また翌日も家の用事で中途半端な時間を拘束されてしまった関係で×。
という訳で昨日しか時間が取れなかったんです(´・ω・`)

8:00少し前に自宅を出発し、とことこと移動。
あちこちで雪が凄いという話は聞いていたのですが、私の住む地域はそんなに雪が降っていなかったので、どんなものかな?と移動してたのですが・・・。
県境くらいになると凄い状況に。
どうも住んでいる地域周辺のみが降っていないというだけみたいですね。
とはいえ、白樺湖周辺や白馬周辺と比較するとまだかわいいものなので移動については特段気にはしませんでしたが・・・
ただ元々雪のあまり降らない地域なので、異様にゆっくり走る人が多数。
仕方ないといえば仕方ないですが、場所によっては凄い行列になってましたよ。

まぁそんなこんなで9:30頃にカムイみさかに到着。
久しぶりに坂の中間の駐車場に入れられる、結構混んでいる模様。
080211_misaka01
ぱっと見は混んでいないようですが、何気に人はいました。
リフト待ちもいつもより少し多めな感じ、なんとなくスクールの受講生が多かった様な気がします。
リフトに乗ってみて驚いたのが、ここ数週間の間の降雪で、思った以上に雪の量が増えていた事。
080211_misaka02
ゲレンデの厚みが比べ物にならない位厚くなっているんです。
080211_misaka03
前回きた時は、リフト下の所は土が剥き出しになっている所が多かったのですが、今回は完全に雪に埋まっている。
場所によっては少し雪をどかした?と思える所もあるくらいでした。

さて、今回ですが先日のエコーに続き道具に慣れるのがメインの目的。
ビンディング自体のホールド性が上がったので、非常に板がダイレクトに動く様な感覚にはなっているのですが、ブーツの方がまだ新しいのでどうも足に馴染みにくい。
少し紐の締め方を工夫したりしているうちになんとなく馴染んではきましたが・・・。
そんな訳で特段何かのトリックの練習をするという訳ではなく、あくまでフリーラン重視。
多少プレス系のトリックをしたりした程度でしたが・・・。
まぁトリックの類はNew Weaponが届いてからという事で(ぉ
このへんはまぁ後日に。
まぁトリック云々というよりゲレンデが混み過ぎなので、避けるのを予測しながらじゃないとキツイという事もあったんですけどね。

途中1回の休憩を挟んで、午前券の時間いっぱいまで滑って終了。
後半はリフト待ちの時間が長くてしんどかったですけどね。

帰りはちょっと河口湖周辺をふらっとまわって帰宅しました。
そのへんの内容はまた後日に・・・。

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | スノーボード(旅行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

週末雑記

何かバタバタしていたような、そうでもないような・・・。
なんとなくそんな感じだった今週です。
だって月曜の祝日が休みだと昨日まで気づいていなかったですからね。
ウチの会社、祝日でも出勤って結構あるので今回も出勤と信じ切っていたんです、気づいて良かった・・・^^;

○WRC rd.2 スウェーデン開幕
この週末はWRCの第2戦がスウェーデンで開催されます。
WRCで唯一のスノーラリーで北欧選手が断然有利と言われているラウンドです。
注目は昨年の王者ローブが北欧出身者を相手にどう戦うか、新参入のスズキはどうか?という所でしょう。
木曜にSS1の1ステージだけ開催されたのですが、ちょっと結果に驚く。
トップに立ったのはスバルのペター・ソルベルグ、トップのソルベルグって響きを久しく聞いて無かったのでちょっと嬉しいですね。
実力で考えれば当然名前が挙がってくるハズなんですが、なんせマシンが・・・って状況でしたからね。
2位にラトバラ、3位にヒルボネンとBPフォード勢が続き、ローブは4位。
トップ3にローブが入って来なかったのにもちょっと驚きました。
スズキ勢ですがこちらもガルデマイスターが8位、アンダーソンが7位と好位置に付けています。
ただまだ1ステージで距離も短いのでこうなっているだけだとは思いますが、残り3日でどうなるのか楽しみにしたいと思います。

○白い恋人Presents PARK AIR
マイミクさんの日記を見てふと思い出したのがコレ。
毎年札幌の真駒内特設ステージで行われるスノーボートイベントTOYOTA BIG AIRの1次予選となるPARK AIRという大会が開催されました。
昨年はこのイベント、アマチュアライダーがトヨタの日本人予選へ参加するための大会という形を取っていたはずですが、今年はどうもプロアマ混在で1次予選という感じで開催されたみたいです。
参加者リストと予選通過者を見て驚いたのが、エントリーリストには結構凄いメンバーが居るのにも関わらず、勝ち上がってきたのが比較的若手な感じがしました。
昨年の大会では、この大会から勝ちあがったスクローバーの石川敦士が日本人予選をトップで通過し本戦に出場しました。
今回もそういうシンデレラボーイ的な人がでてくるんですかね?

○色々思うこと
マイミクさんの日記を見てて思う事があります。
最近、知り合いの夫婦が離婚してしまいました。
表面上と実情は違うんだなと思った反面、もともと違う環境で育った人が一緒になるんだから問題は起こって当たり前だとは思ってみたり。
ただ何でそうなったかはあくまで二人の問題で、周囲は余計な干渉をするものではないのではと私は考えています。
話を聞いてあげる優しさは必要です、でもそれと反してあまり干渉せずに各々に考える時間を与えてあげるのも、またひとつの優しさな気がします。
品質管理の話をもちだしますが、トラブルが起こった時に、なんでこうなったかという事を5回ほどさかのぼって考えると原因が見えてくるという様な事を言われました。
当事者も周囲の人間も、なんでこういう事になったのかと自分でふりかえてみるのも今回の件で必要なのでは?とちょっと思いました。
私自身、こういう問題は各々の問題であって自分達で考えるべきだという事で余計な干渉をしないようにはしています。
アツくなったらだめ、冷静に各々が考えるべきだと思っているからです。
人によっては冷たい人間だと思われたり言われると思います。
でも、アツい人間ばかりではなくこういう人間もバランス的には必要なんじゃないですかね?
まぁ凡人の戯言という事でひとつ・・・


補足事項
先程述べた原因の考え方は、なぜなぜ分析と言われる手法です。
例えばプログラムでバグが発生したとして考えると、

@なんでバグが発生したのか?
 →プログラマーの確認ミスにより発生
Aなんでプログラマーが確認ミスをしたのか?
 →仕様変更が多発し最新の仕様が判らなかった
Bなんで最新の仕様が判らなかったのか?
 →仕様変更が多発し書類が間に合わず口頭指示が多発したため
Cなんで仕様変更が多発したのか
 →設計段階と実際の内容では成り立たない物が多かったから
Dなんで設計段階と実際に差があったのか
 →初期の設計段階でのケース洗い出し、確認の不足によるもの

とこんな感じ。
意外に難しい話かもですが、原因をさかのぼると目先の物だけではないという事が判るというのがこの分析です。
これを色々な事象に当てはめてみると、どういう事がみえてくるでしょうかね?

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

なんとなく

ここ最近、PS2のグランツーリスモ4を引っ張り出してきてちょこっとやったりしています。

特に何かのレースをするという訳ではなく、自分の好きな車を使って特定のコースをどのくらいで走れるかなんていうのをやっているだけではあるんですけどね・・・。
その特定のコースというのが、ニュルブルクリンクの北コース。
ニュル24時間レースでも有名なこのコースを自分の好みの車でどのくらいで走れるかなんてのをぼさーっとやっています。

発売当初は仲間内でこのコースをどのくらいで走れるかなんてタイムアタックをしたりもしていましたが、ちょっとそんな事を思い出しながら車を色々換えながら走る。
各々の駆動方式の違いで、自分の操作方法に馴染むもの、馴染まないものがあるといういうのがハッキリわかりますね。
正直、物凄く苦になるという訳ではないですが、駆動方式的な好みはこんな感じ。

4WD>FR>MR>FF>RR

4WDに関しては、元スカイラインオーナーというのもあり、憧れの車であったGT-Rをという所から来てはいるんですが、操作フィールがFRに近い上に前輪も駆動しているので姿勢制御をがしやすいという所からきています。
FFとかも嫌いではないんですが、操作中ノーマルでもデュアルショックと連動してブレブレしているので、その感覚が嫌なんですよね・・・。
RRは安定しないので基本的には・・・って感じ。

まぁテキトーに昔を思い出しながらチマチマ楽しんでいるんですが、ふと気になったのが昔のタイム。
試しに当時使用していた愛車(ぉぃw)であるR34 GT-Rでのタイムを見てみたんですが・・・。
やっぱり今の方が微妙に遅いw
あの当時はアホみたいにニュルばっかり走ってましたからねぇ・・・。
ブランクもあるし仕方ないっていえばないんですがw

流石にその頃のタイムを抜こうという気はしませんが、今のところはニュルでのベストセッティングを出そうと格闘中。
BNR32、BCNR33、BNR34と第二世代GT-Rの3種を気分によって使い分けて、バネレートの数値をいじってみたりしながらチマチマと遊んでいます。
何気にこういうセッティングって面白いと思うのは俺だけですかね?
セッティングとはいっても、キモになるのは足回りのバランスだとは思うんですけどね。

上手く衝撃を吸収して跳ねない、フロントがスッと切り込めて粘る足、コレが理想。
でもそれを探すのが難しい。
妥協点を探しつつ、チマチマ楽しみながらニュル仕様を詰めています、ハイ。

今の所の好みの車輌
・R34 SKYLINE GT-R V-spec N1
・R33 SKYLINE GT-R V-spec
・R32 SKYLINE GT-R V-specU
・Z33 FAIRLADY Z
・HONDA NSX TYPE-R
・SUBARU IMPREZZA STi
・MITSUBISHI GTO
・TOYOTA SUPRA RZ
・TOYOTA CELICA GT-FOUR(ST165)

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

栂池高原で起きた事故について一考

どんだけ〜〜〜、ってそれはIKKO(ぉぃ

世間では連日、例の中国産の冷凍ギョーザのニュースが話題になっていますが・・・
個人的に気になったのが栂池高原で発生した雪崩事故のニュースです。

昨日送信されてきた栂池高原のメールマガジンで、被害にあわれた大学生の方2名が亡くなったという内容と共に、安全性の確保向上に取り組む旨と禁止エリア等規制された部分では十分注意をしてくださいと個々に安全管理を呼び掛ける様な内容になっていました。

さて、今回の事件ですが栂池高原の初心者用林間コースで発生した雪崩事故という事が先に報道されました。
栂池高原側も事前に注意を促す為にコースにゴム製のロープを張り、立入禁止にしていたそうです。
この事件、その禁止エリアを初心者二人が超えて雪崩に巻き込まれたという事になるのですが・・・。

先日、某YAS氏と少しこの件で話をしたのですが、果たして初心者がわざわざ立ち入り禁止を無視して滑っていくのだろうか?
誰か先導者がいたのでは?という様な事を言っていたのですね。
調べて見た所、やっぱり先導者らしき人はいたんですね・・・。
何でも某大学の集中講義(なんでスキーが?という気がしますが・・・)の一環で生徒と非常勤講師が一緒に滑っていてこの雪崩に巻き込まれたそうで・・・。

まずこの非常勤講師がいながら何で立ち入り禁止エリアに入ったのか。
引率者と目される人がいながら禁止エリアに入るってどうなのよ?という気がします。

今回のこのような警告無視はパウダー滑走狙い以外の何者でもないとは思います。
白馬のパウダーは軽いのでノートラックエリアを滑りたい気持ちも判らないでもないです。
でもそれは、それは禁止エリアを無視してもいいという事ではいはずです。

どんなスポーツにも楽しむ側には最低限守るべきルールはあります。

スキーやスノーボードの類はやはり雪崩の危険性がコース内でもあります。
実際、過去に白馬五竜スキー場で別のエリアを滑走中に上級者コースで雪崩が発生してコースがクローズになるという事態にも遭遇した事があります。
スキー場の管理パトロール側が立入禁止エリアにしているという事は、安全を考慮しての措置なのです。
それを無視しての事故はもう本人の責任でしかないのです。
またそのリスクを犯した事で、どれだけの多方面に迷惑が掛かるのかを考える必要があります。

さて今回のこの事件に戻りますが、クローズされていたのは初心者用の林間コースでこれは中級者コースのハンの木コースの迂回路という意味合いも持ちます。
ここが閉鎖されて中級コースを滑れないので無理にでも初心者コースを滑ったという事が言われたとしても、それは理由になりません。
行った事がある人は判ると思いますが、林間コースの入り口にはハンの木上部を滑る為のリフトがあり、それはゴンドラ山頂駅への連絡リフトの役目を果たしています。
滑れなければゴンドラで下山するという事もできるのです。

この事件に関しては、もう管理側の問題ではなく滑る側の問題でしかないのです。
幾ら整備されたスキー場でも、絶対安全という事はなくきちんとルールは守らなければならないのです。
整備されていても自然を相手にして楽しむ物です、それに比べれば人間なんてちっこい物だというのをキチンと認識しなくてはならないと思います。

今回の件は、管理されたエリアの中の事だから何かあっても大丈夫という安全を軽視した結果の事故だと私は考えます。
幾ら魅力的な地形やコースでも、ダメな物はダメなんです。
幾ら自分に技術があったとしても警告を無視してはいけません。
楽しむにしても、きちんとアタマの片隅には安全の事を考えるようにしないといけませんね。

私も結構スノーボード歴も長くなってきましたが、思う事は『自分の身は自分で守り、規制や警告に従って楽しむ』という事は根底に置いています。
スキー場内でもエリアが広ければ広いほど、監視しきれない部分もでてきますからね・・・。
相手は自然です、無茶するなとは言いませんが警告や指示には従いましょう。
それに従わないで発生したのは自己責任以外の何者でもないですからね・・・。

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

片倉館

昨日のスノーボードの話の続きみたいなものですが・・・。

ウインタースポーツといえば、アフターの立ち寄り湯や温泉なんていうのも付き物みたいなもので。
マイナス数度の中にずーっといますからね、こういう温泉とかって効くんですよ、色々とw
筋肉痛を解すのにも良いし、なにより温まりますからねぇ・・・。

そんな訳でエコーの帰りにも立ち寄り湯に寄った訳ですが。
今回は近場の所という訳ではなく、上諏訪温泉の方に足を伸ばしてみました。
まぁ中央道諏訪インターから少し離れた程度ですからねぇ・・・。

どこに寄ったかというと諏訪湖湖畔にある片倉館という所。
存在自体は結構昔からは知っていたんですが、実際どんな所か見た事なかったんですよね・・・。
この片倉館、建物自体が諏訪市の文化財に指定されているそうです。
その為か、建物を写真に収めている人が結構多い・・・。
katakurakan-01
まぁ私も習って撮ってみたのですが、いかにせん夜なのであまり上手くは撮れなかったですよ。
撮影後、中に入って入館料500円を支払って浴場へ。

まず驚いたのがその浴場の見た目。
普通、立ち寄り湯とか共同浴場なんていうと、いかにも!って感じの和テイストを想像するんですが、ここの浴場は思い切り西洋建築風で彫刻の像があったりして何となく違和感がw
浴槽も千人風呂と言われているらしく大きいのですが、何よりも特徴的だったのがその浴槽の深さで、1.1mの深さがあるそうで、その底には玉砂利が敷かれていていい感じで足の裏を刺激してくれます。

思い切り洋風な雰囲気ですが、お風呂自体は温泉なので疲れた足にいい感じに効いてくる・・・。
結構熱めの湯なので長時間浸かっているのは厳しいですが・・・
値段と意外性を考えると、面白い選択ではあると思います。
但し、露天風呂はないのでソコに期待している人は・・・。

あとこの片倉館、建物自体にも歴史があるので休憩室から屋上に出たりもできるそうです。
残念ながら自分が行った時にはもう休憩室が閉まっていたので見る事はできませんでしたけどね・・・。
機会があったら見てみたいですねぇ。

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日帰り温泉/立ち寄り湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

山彦谷に行ってきました

この週末の土曜日に長野県白樺湖エリアのエコーバレーに出かけてきました。
今シーズン3回目のボードです、ハイ。
確か昨年も3回目がエコーだったような・・・。

場所的に恐ろしい程遠い訳ではないので7:00頃に出発、到着が9:30頃でした。
そこから支度をしてゲレンデ方面に向かったんですが・・・。
echo080202-01
やけに空いている気が・・・、リフトもそれ程待たずにすんなり乗車して上部ゲレンデへ移動。

今回はビンディングとブーツが新品になって初めての滑走という事でどんな感覚なのかを試しながらのスタート。
ビンディングは以前にも書きましたが、ブーツの方も相当ガタがきていたので先週末にシ○トリのセールで店員さんと相談してDEELUXのブーツを購入したんですよね・・・。
なので足元一式ががらっと変わったんでどんな感覚になるのか気にはしていたんですが・・・・。

いやはや、やっぱり新しい道具っていうのは凄いですね。
特にビンディングの変更でこんなに変わるのかと思いましたよ。
以前のSDR2も良かったのですが全然違う印象、つま先固定のキャップストラップが思いのほかガッチリ固定してくれて凄いいい感じでした。
雪質もいい感じの粉雪ですっ飛ばすと気持ちいのなんのw
止まる時に軽いスプレーが出るしいい感じでした。

休憩を挟んで午後も最上部から降りてクワッドで登るというパターンを繰り返す。
echo080202-02
天気は曇りだけど、景色も良いしスノーボードしているな!という気分で滑っていたのですが・・・。

15:00過頃にそろそろ足に疲労が・・・。
いい感じで腿が張ってきたと同時期に左足が異様に痺れてくる。
今回ブーツを変えた影響か滑っている最中に急に足先が痺れて踏んでいる感覚がなくなってくる。
急遽、休憩を取りブーツを緩める、原因はどうもブーツの締め過ぎだとは思うんですが・・・。
今回のブーツ、甲の部分と脛の部分と別にブーツの締め具合を調節できるんですが、どうも甲の方を締めすぎていたようで。
もともとかなりキツめに締めるんですが、この新しいブーツは思った以上に締まるようで・・・。
今後はちょっと加減をしながら締めた方が良さそうです。

休憩中は携帯カメラであーだこーだと写真撮影をしていました。
echo080202-03
機種変更したので、カメラの性能テストみたいな感じで色々撮りまくる。
痺れが収まって暫くしてから2本ほど滑り終了となりました。

今回の感想
・やっぱり近郊エリアと違って雪質が全然良い
・新しい道具はやっぱり凄かった
・加減が大事

あと、足が痛み出すタイミングが結構早かったのが・・・。
今度は事前にアミノ酸取っておくか・・・(´・ω・`)

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | スノーボード(旅行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

週末雑記

どこかで芸風がパクられてましたが・・・(何
まぁ、それはそれで面白いのでいいんですがw
という事でいつもの奴です。

○中国産冷凍食品問題
昨日もさらっとだけ触れた中国産の冷凍ギョーザの問題なんですが・・・。
国内では色々な所で被害が拡大している状況で更に騒ぎが大きくなってきているのですが・・・。
当の中国では中国共産党の機関紙である人民日報において、『日本人、あまりに虚弱体質』とか『日本メディア、また中国の悪口誇張』という記事を掲載してそうで。
まぁその一方ではこんな事件ばかり起こるから中国産食品の信用性が失われるという事を報じる所もあるそうですが・・・。
まぁ共産党直轄の機関紙で批判記事が載った時点でもう笑うしかないですね・・・。
逆に記事を書いた連中、同じ物くってみろと、殺虫剤飲んで見ろといいたいですよ。
内部的なポーズだとしても、ちょっとコレはと。
まぁ国民性といえばそれまでですが・・・。

○SUPER GTの参戦体勢が・・・
発表され始めてきました。
先日、トヨタ系のチームであるサードは監督に飯田章を迎えてという発表をしてちょっと驚いたんですが、日産系のチームも参戦体制を発表しました。
何と言っても今シーズンからは先日モーターショーやオートサロンでも発表された新型GT-Rで参戦という事で注目度も高いと思います。
まだ何の発表も行っていないのはホンダ系のチームですが、ホンダは今まで使用していたNSXのエンジンレイアウトをMRからFRへ変更するという様な事をテストしているみたいなので、この辺が煮詰まってからになるんでしょうかね?
何にせよ、従来でも十分に速いトヨタのSC430、新型GT-R、昨年のチャンピオンマシンでありながら更なる進化を遂げようとしているNSXと見所は多いと思います。

○そういえば今夜は・・・
デスノートを金曜ロードショーでやるんだよな・・・。
前回のテレビ放映では途中で寝てしまって見逃してしまったんだっけ。
電車に乗るトコまでは見たんだよねぇ・・・(´・ω・`)
今度こそはw
つか、DVD借りれば早かったんだけど、忘れてたw

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。