2008年08月29日

納涼会?

昨日の夜は受講していた英会話講座の面々と納涼会という名目の食事会んに出かけてきました。

19:00に宮北高の近所のさつま家に集合!という事だったのですが、私はちょっと遅れて到着、その後ぱらぱらと集まり最終的には10人が集まりました。

適当にオーダーして飲み食いしながら雑談等で盛り上がる。
もともとこの講座の講師さんが、比較的プライベートな話などを盛り込んだ形で講義を進めてくれた関係か、こういう座談会的な事をやると何気に長く色々な話をするんですよね・・・。

この時に判ったのが、みんなさほど年齢が変わらないという事。
まぁそんな事もあってこういう感じになったのでしょうかね?
ほんと日常的な会話と、後期講座どうしようか?など内容は雑多。

ただ後期講座でもあまりみんながバラけないようにどうしようか?的な話をしていたのがなんとも・・・w
何気にこういう集まりが続いていくのかなぁ・・・とも思ったり。
それだったら、折角こう楽しくできる人たちと知り合えたので大事にしていきたいコミュニティだなぁと思いましたね。

その後期講義でちょっと話題になったのが、英会話をどうしようか?という事。
正直、みんな前任の講師さんの人柄に惹かれて受講していた人も多かったみたいで、後期の新しい講師さんについてはちょっとどうなんだろうという不安からか、躊躇している様子でした。
一応、私を含む数名が様子見として受講はしますが、状況によっては途中棄権になるかも・・・。
やはりみんな日本語がほぼ判らない状況で、やりきれるのか?という事を気にはしていました。

その反面で別講座でみんな固まって受講しようかという話が出て、そこに人が集中しそうな感じ。
それについてはちょっと私も興味あるので面白そうかも・・・と。
座談会解散前には殆どの人がそこを受けようか?という方向になっていました。

そんなこんなで始まったこの食事会ですが、お店の閉店のタイミングで終了。
とはいうものの、閉店時間明らかに過ぎていたよなぁ・・・^^;
その後もお店の外で話をしたりした関係で、帰路についたのが22:30ころでした。

今度は次月に他県に引越しをされる方がいるという事で、その送別会を兼ねた集まりをしようかという話がでていました。
さーて、どうしようかね・・・。
と、帰り際に幹事を振られた昨日の夜のお話でした。


補足
昨日知った驚きの事実!という訳ではないんですが・・・。
英会話の講師さんの年齢を聞いてびっくり!
海外の人は年齢よりも遥かに容姿が上にみえるという印象は確かですね・・・。
なんで外では俺とか他の人をさん付けで呼んでいるのか疑問だったのですが、どうも講座に在籍していた面子でいちばん年下なのが講師さんだったようです。
どうなのよ、それw
というか、俺はてっきり20代後半〜30代前半くらいかと思っていたよ・・・orz

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

画策中

ここのところ、チマチマと調べているんですが・・・。

それは自転車にナビを付ける事ができないかどうか?という事。
事の発端は、ちょっとした場所に車載で自転車を持ち込んで走り回る際に、マップ類をどこに入れればいいんだろう、という事から始まりました。

印刷した紙ペラ一枚というならどこかにしまっておけばいいんですが、それだと今度は調べる度に止まって確認をしなければならないと。
それなら何か簡単にナビ代わりになる地図的なものがあれば楽なのでは?と思った訳です。

そんな事で調べていると、結構ポタリングなんかする人も同じような事を考えている人が多いようで、みなさん試行錯誤しているみたいです。
中にはオートバイ用のコンパクトナビを自転車に付けている人もいましたが、いかにせんコンパクトナビだと本体だけでも数万円してしまうと。

そこで結構使われている手が携帯のナビアプリを使うというパターン。

中でも意外と評判が良さそうなのが、auの助手席ナビというアプリを使用するパターン。
この助手席ナビは文字通り、車の助手席で使用することを考慮しているのでお散歩ナビと比較して速い移動速度に対応していることと、歩道橋や階段などに誘導されないというメリットがあるという事で利用している人も多いみたいです。

そうなってくると今度は問題になってくるのがどうやってハンドル部分に固定させるか。

これは専用のものも今はあるみたいですが、大半の方は自動車用の携帯ホルダーを流用して加工するという手段を使っているそうです。
あれかな・・・久しぶりにタイラップ工作をやれってことですかね・・・。

ただこの加工以上に気になったのがバッテリーの件。
正直、ナビアプリを使った事がないのでこれを使用した場合、電池がどれくら持つのかというのが気になる所です。

まぁもうちょっと調べてから工作類はすることになるんでしょうが、バッテリーのバックアップなんかも考慮したほうがいいのかなぁ・・・。

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車(雑記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

柔道≠ニJUDO≠フ違い、そして

昨日に引き続き北京五輪関連の話ではあるのですが・・・。

今回のオリンピックを見ていて一番なんかスッキリしなかった競技が柔道です。
これは日本人選手がという事ではなくて全体的に見てという事なので誤解がないように。

今回の柔道の試合を見ていて気になった点が幾つかあります。
私も中学〜高校と柔道経験者ではあるので、元経験者として見ていて納得の出来ない部分が幾つかありました。

特に気になったのが、あくまでも勝ち≠ノこだわったスタイル。
勝ちに拘るのは各国代表として参加しているので判ります。
ただその勝ちに拘るスタイルでも、兎に角組み手争いで有利になるまでは何もしない、または兎に角転ばせばポイントが入るという事で足ばかりを狙う、また技を返す事だけを考えるというスタイルが目立った気がします。

その為、準決勝クラスの試合でも攻めて取ったポイントという訳ではなくマイナスの方のポイントで有利な方が勝つなんて事も多々ありました。
酷い試合では残り時間逃げ切って反則を貰っても勝てると判断したのか、組まずに逃げ回り勝利したという事までありました。

正直、柔道がJUDO≠ニ認知され国際格式のルールが整備されはじめてから色々とこの競技の根底にあった精神的な部分は失われてきている気がします。

柔道の祖である講道館柔道の創始者である嘉納治五郎先生は、単なる勝利至上主義ではなく、精神鍛錬にも重きを置きました。
柔能く剛を制す≠ニいう事を私も最初に教えられ、己の技を磨く事を叩き込まれました。

特に言われたのが、腕力で勝てない相手でも組み手で制して己の技を持って攻める≠ニいう事を言われたんですよね・・・。
そのせいか個人戦では勝つも一本、負けるも一本という感じで判定で決着という試合が非常に少なかったんですが・・・^^;
判定で他者に審判を下されるより、はっきりとした形で決着を付けたいと思っていたんですよね。

当時の私自身としては立ち技にだわっていた部分がありました。
寝技も相手を選んで練習を積む様にしていたので、自信が無かった訳ではなかったんですが、なんとなく立ち技で決着を付けたいという思想が強かったです。

高校の時に国際ルールでの試合を数回したことがあるんですが、その中で台湾の高校生と親善試合みたいなことをした事があったんですね。
一応、東部の選抜メンバーという事で高校二年生当事に選ばれたのですが、その際に注意されたのが相手はレスリングベースの変則的な柔道を取ってくる、どこ持っても投げてくるぞ≠ニいう事をしきりに言われました。
実際に試合をしてみて思ったのが、レスリングベースという事でどこ掴んでも強引に投げを狙ってくる感じ、実際それに対応しきれなくてこの試合は負けてしまいましたが、海外だとこういう柔道するんだなという良い経験になりました。

そんな経験もあって一応、国際柔道≠ニいうものを経験してオリンピックなどを観戦していたのですが、今回はこの勝ちにこだわるスタイルの方向性が変わってきていると思えました。

ちょいと経験談が長くなりましたが、当事は海外選手も変則的な柔道はするものの、基本的には攻め≠フスタイルでした。
しかし今回の五輪でのスタイルは殆どが守り≠セった気がします。
そのため、日本人選手などが攻めていっても固い守りに阻まれて、タイミングを見計らった返し技で負ける、またはその固い守りで攻めきれずに焦ってきたタイミングで足元をすくわれるなんてパターンが多かった気がします。

この傾向はここ数年の事のようで、其の為に日本人選手は今までのスタイルを貫くのか、それともポイント制のJUDO≠ニしての対応をするのかで相当揺れていたみたいです。

今回、そのスタイルの違いで良い二例がありました。
常に攻めの柔道に徹してアテネからオール一本勝ちで二連覇を達成した谷本歩実、確実にポイントで勝つ柔道に徹した石井慧と、どちらも自分の信念を貫いて金メダルを取りました。

結果から見ればどちらも凄いですが、色々な意味での危うさもあるとは思います。
谷本のスタイルは攻撃性のある柔道故に返される場合もある、では石井のスタイルがいいかというと逆にポイントを取られた場合では基本筋力の違う海外勢に力押しで攻めきれるのかという部分もあります。

この折衷案的な部分が今後の日本柔道には必要になってくるんではないですかね・・・。
基本的に欧米勢と比べると筋肉の質が違うのでパワーだけで攻めるには無理がある、そのため技で攻める柔道は必須だと思います。
そこに重点を置きつつも、JUDO≠ノ対応していくと。
全柔連が今後どう強化策を取ってくるのか、ちょっと見物ではあると思います。

そして、国際柔道連盟もその体制云々を少し考え直して欲しいものですね・・・。
今のスタイルでは単に柔道着を着てレスリングみたいな事をしているという印象しかありませんからね。
仮にも柔道≠フ看板なんですから、無理矢理に欧米思想を入れるのではなく根底部分も重要視して欲しいものです。

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

北京五輪、一考

先日、17日間に渡って開催された北京五輪が閉幕しました。
なんだかんだ言いつつも、ちょこちょこと見てはいた訳ですが色々と気になる事もありましたねぇ・・・。
海外メディアなども報道側からの視点という事を幾つか挙げていましたが、そんな中で特に気になった問題を幾つか・・・。

○浮き彫りになった民族問題
北京五輪開催前から問題になっていた民族問題、これが五輪開催前くらいから過激な行動が目立ってきました。
無差別バス爆破事件が多発し、これは五輪開催期間中にも発生しました。
これに対して中国政府は、メインスタジアム周辺に人民解放軍を配置し安全を確保しようと図った訳ですが。
この過度な警備体制が様々な行動を制限する形となり色々と問題にもなったそうです。
各競技開業でも公安が張り付いていたみたいで、過激な応援は控えるようにという通達までも出たそうです。
色々と制限つきの五輪、そこまで規制する必要があったのかと疑問に思えてきます。

○出場する選手の品格、審判のジャッジの問題点
これも幾つか気になる事があったのですが・・・。
まずは選手の問題点、代表選手の態度にちょっと疑問を抱く部分が幾つかありました。
例をあげるなら中国のサッカー代表選手、ボールでは無く対戦相手の金的に蹴りを入れて一発退場なんて事があったそうです。
過去の試合でも選手に飛び蹴りを入れたり、喉を掴んだりとラフプレーが目立ち少林サッカー≠ニ揶揄されてはいましたが、結局それはこの大舞台でも出てしまった訳で。
能力はあるかもしれないけど、選手としての人格を加味して代表を選ばないと、と思えるのは私だけでしょうか?
そのほかでも気になったのはレスリング選手のメダル放置、テコンドーでの審判への暴行事件と。
この二種については選手の態度も非常にまずいですが、その元になったのがジャッジの問題という事もありまして・・・。
このジャッジの問題も、今回は色々あったようです。
国際舞台の最高峰でのこういうミスジャッジ問題、4年間努力してきた選手の心情を考えるとこれだけは公平かつ正確でなければならないと思えます。
ここはIOCを含めジャッジ側のスキルを上げる事を協力して努力していく必要があるのではないでしょうか?
選手は努力をしてオリンピックの出場権を掴んできます。
ならジャッジ側もそうであっていいのではないでしょうか?

○応援する中国人の民度問題
今回いちばん気にしたのがこの問題。
日本のメディアでは殆ど放映されていなかったのですが、兎に角自国以外の選手に対するブーイングが酷かったそうです。
また本来は静かに観戦するのがセオリーな競技でも大騒ぎし、審判側から注意をされるも全く無視といった観戦に対する何かが欠落しているなんて事がありました。
日本の報道ではうまく消えていますが、実際の会場では凄い殺伐とした雰囲気があったそうです。
またこれが最大の問題ではあるのですが、勝者を称えるという事ができないといった事が言われていました。
日本中が沸いたソフトボールの悲願の金メダル、この際の表彰式でも中国人観戦客はブーイングをしていたそうです。
最低限のマナーとしてそれはダメでしょう・・・。
バルセロナ五輪の時の男子バスケットボールの代表で、チャールズ・バークレーという選手がいました。
試合中に相手選手に抗議か何かで肘打ちを入れてファウルを取られて以降、完全に悪役となり選手交代で登場する度に会場にブーイングが起こるという異様な雰囲気ではありましたが、ダンクなどを決めた際には歓声が上がるという感じでした。
表彰式の際にもブーイングが起こるのではと心配はされていましたが、結果として歓声で迎えられ称えられたという事がありました。
このようなパターンならいいんですが、勝ち上がってきた勝者を称える事もできないという事を見ると、正直オリンピックを開催するにはまだまだ民度というかマナーが低すぎた気がします。

結果としては良かったのかもしれないですが、その背後にある国の政策や人権問題、民度の問題など様々な問題を抱えた大会でした。
特に今回は中国が社会主義の大国≠ニいう部分にも拘った為にいろいろな歪が生じていました。
まだ今のところ問題がそれほどはでてきていないかもですが、今後は何かと出てくる可能性もありますね・・・。

次回はロンドンで開催されるオリンピック、ここでは今回よりは色々な規制も少なく、公平な応援がされると思うので選手としてはやりやすいかもですね・・・。

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

雨、雨、やめ

この週末はちょっと大人しくしていました。(挨拶

というのも、金曜日の午後に通院してきたのですが・・・。
また副鼻腔炎の方の症状が出始めたので、その診察と薬を貰いに行ったという感じだったのですが、その時に『風邪の症状も出ていますね、喉の粘膜が荒れています』と言われて風邪薬も処方されまして・・・。
なんとなく体がダルかったのはそのせいかい・・・w

そんな理由と生憎の雨模様という事もあったので大人しめにしていたという訳です。
まぁちょこっとは出かけたりとかはしましたが・・・^^;

そんな訳で本を読んだりTVとかを見ながら比較的ダラけた週末を過ごしていました。
体調悪いとかいいながらも、天気さえ良ければまた自転車でも積んで富士川緑地に行こうかとも思ってたんですけどね・・・。
流石に雨の日に行ったら余計に悪化しそうですし・・・。

しかし良く雨が降ったなこの週末・・・。
気温が低くて過ごし易くて良かったんですが、その半面でここまで降ると何かをするにも気を削がれると。
やっぱり晴れてる方が色々といいよねぇ・・・。


補足
注文してあったプリマクラッセの財布が届きました。
080825_pc
思ったより大きくてちょっと驚いたけど、収納能力は凄いですね。
もう無くさないようにしよう・・・、うん。

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

週末雑記

やっぱり長期休み明けの週はキツイわぁ・・・(挨拶

今回の休暇は普通に朝いつも通りに起きてはいたのですが、やはりそれでも休みと勤務じゃペース違いますからね、週あたまはキツかったですわ。

○なんだかんだで見ている北京五輪
正直、開催されている国に色々と問題がありすぎるのであまり見る気の起きなかった北京五輪なんですが・・・。
その辺に関しては閉会式が終わった頃のタイミングで。
まぁどのチャンネル回しても放送しているし、もともとスポーツ放送見るのが好きな関係でチマチマみています。
昨日はソフトボールの決勝を見ていましたが、正直勝てるとは思っていなかったので驚き半分、喜び半分という感じでしょうか?
だって3試合で400球ですからね・・・ピッチャーの上野・・・^^;
消耗品ともいえる肩をあそこまで消費して大丈夫か?という気もしましたが良い結果に繋がったので良かったと思います。
あとはジャマイカのボルト選手の100Mと200Mの圧倒的な強さと記録が印象的でした。
日本選手団という部分でみると、今のところ女性陣の活躍が目立っていますね・・・。
残りの競技もあとわずか、どの選手も無事に競技を終えて帰国して欲しいですね。

○本気の痛車@骼ュに登場
昨日のヤフートピックスにも挙がっていて驚いたのですが・・・。
少し前に書いた本気の痛車≠アとStudie & GLAD with ASADA Racingが持ち込んだGT300クラスに参戦するBMW Z4なんですが昨日鈴鹿サーキットに搬入されたみたいです。
SUPER GTシリーズ参戦車輌の中でも一際異彩を放つこいつの車輌チェック(要は車検)を受けたみたいです。
一応、今日が練習走行という事なのでどのくらいの速さの車輌かは判るとは思いますが・・・。
まぁ前回も書いたけど、関係チームがあるだけに申し訳ないけどこの車だけには負けて欲しくないよねぇ・・・(´・ω・`)
正直、このチームはココが初戦の関係でウェイトハンデ系はナシだろうから、その速度次第では微妙にハンデ搭載しているチームは・・・、ねぇ^^;
しかし、公開された車輌みたけど凄いね、このカラーリング^^;
色々うーん?と思うことはあるにはあるけど、これでSUPER GTシリーズが盛り上がるならそれはそれで面白いのかな?

○メジャーリーガーも堕ちたもんだなぁ・・・
一応スポーツ系の話が続いたのでこれも・・・。
先日、元メジャーリーガーの伊良部氏が暴行事件を起こし逮捕されたという事が話題になりました。
ヤンキース時代にワールドチャンピオンもチームは獲得し、正直かなり美味しい思いもしたでしょう。
帰国後は阪神に入団しましたが、それ以降は正直あまりぱっとしない・・・。
で、結局フロント側と衝突があったためか引退試合もないままに消えていったというような印象を受けました。
それが今度は暴行事件で逮捕って・・・。
発端は使おうとしたカードがお店で使えなかった事かららしいのですが・・・。
どこの子供だよ、おぃ・・・。
あまりにもアホらしい内容なのでなんともね。
もともと人間的に問題があるのでは?という部分はあったのですが、こうはっきり事件沙汰になるとねぇ。
でもきっと本人、反省とかはしないんでしょうね、そんな気がします。

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

落とした財布、その後

なんか3日続けてになるので、また付けてみた。(何
・・・いあ、タイトルのその後≠ニいう奴なんですが・・・。

さて夏期休暇初日にロストしてしまった財布なんですが、約1週間が経過した現在も見つかったという連絡はありません。
まぁどのみち出てこないとは思っているんですが・・・。
逆に色々再発行手続きとかした関係で、今になって出てきてもそれはそれで面倒ではあるんですがw

紛失した免許、保険証、クレカ、キャッシュカード類は再発行手続きが完了し、一部はもう手元に届いている状況ではあるんですが問題なのはそれを入れる為の財布本体。
今のところ暫定的に家にある適当な奴を使用しているのですが、これがまたいかにも∴タっぽいんです・・・^^;
なのできちんとした財布を買おうと考えてはいたのですが・・・。

・・・世間一般的にみんなどのくらいの財布を持っているのだろう?

ふとそんな事が気になってしまいました。
前に使っていた財布は両親から頂いたもの、前に使っていたのは父親のお古を二回ほど使っていたので、大学生の時以降で自分で財布買った事なかったんですよね・・・。
それにそんな頻度良く買うモノでもないのでイマイチ相場が判らないという状況でした。

そこで丁度メッセで話をする事ができた某やっさんと某みなみけ(南家さんてこうも言えるのか・・・^^;)の方にどんなの持ってる?的な事を聞く事ができました。
大体これくらいのものかな〜と想像していた枠に入っていた人、また使い勝手を優先している事とか貴重な意見を聞く事ができました。

そんな訳で一応考えた条件が、
・予算的には10,000〜20,000円の範囲で買える物
・折り財布でズボンの尻ポケットに収まりそうなもの
・カード類の収納スペースがそこそこ確保されている事
・小銭要れ必須
ってところ。

そのへんを考慮して色々考えた結果、こんなのを注文してみました。
080821_pc1
『プリマクラッセ 三折財布』
結構前に流行った古地図柄で有名なメーカーです。
流石にもう流行からズレている事もあり値段も安めだし、流行が終わった今だからこそ他人ともカブらないからいいかなぁと。
080821_pc2
収納も三折財布なので結構余裕がありそうな感じ、また小銭入れがフタのような形式になっているので、チャック式よりも取り出しも便利そうと。

納期回答はまだきてないけど、ちょいと楽しみ。
昔欲しかったけど手が出なかったですからねぇ・・・^^;

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

Windows Vista、その後

休暇前に色々やると言っていたWindows Vistaの導入ですが、夏期休暇中に某イヌっぽいヒトにちょっと手助けして頂きインストールは終了しました。

実は新しいHDDを組み込んだ後にインストールだけしてみようと思ったのですが、インストールするドライブを選択する場面でエラーが発生してそれから先に進まないと・・・。
ネットで色々調べてドライバ類を追加したりもしたんですが、それでもダメと・・・。

休み前半は財布の件でばたばたしてたので放置してたのですが、丁度手が空いた日にイヌ氏から電話があり出かけついでにウチに寄るという事になった訳です。
そんな訳でまぁ色々あーだこーだやってんですが、最初はやっぱりインストールができない状態が続く。
最終的にマザーボード側の設定をいじったらインストールが出来るようにはなったのですが・・・。

インストール終了後にまたまたトラブル発生。
今回のシステムはWindowsXPとWindows Vistaとのデュアルブートで使おうと思っていたので、各々別のドライブにOSをインストールしたのですが、何故かWindows Vistaのシングルブートに・・・。

調べてみてもXPのデータはまるまる残っているので問題はないと。
またまたネットで色々調べたところ、MS-DOSの画面でちょっと細工をしないとダメな様なのでそれを参照しながら久しぶりにDOSコマンドなんかをいじってみたのですが・・・。

・・・あれ?対策ページで言っている情報がでてこない・・・。

今度はDOS側で追加するべき前段階でつまづく。

今現在、自宅のPCはVistaのシングルブートのままです。
途中からもうデュアルブート化するよりも、現状使える環境を再構成することを優先したのでブックマークの移動やら今まで入れてあったプログラムの再インストールやらそのへんの処理をチマチマ休み中に進めたのですが・・・。

現行、Vistaを使い始めて約1週間になるのですが、正直な感想としては全体的に動きが重たい気がしますね。
スペック的には余裕のある構成ではあるんですが、どうしても視覚的効果を優先にしたためか動きがもっさりとした感じがします。
あと、セキュリティ面が強化されたというのはいいのですが、その反面何をするにもいちいち警告が出てきたりと少しウザイ印象も受けました。

当面は今のままで動かすつもりではあるんですが、場合によっては構成を元に戻す事も考慮したほうがいいですね・・・。
なんとなくVistaからXPへダウングレードするヒトが多いという理由の一部を垣間見た気がしました。

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

スカイ・クロラ、その後

休暇中に観てきた映画『スカイ・クロラ』。
後でネットの感想なんかを見てみたのですが、比較的酷評の方が多い気がします。
まぁ確かに世界観の解説などもないので判り難い、結構テンポが速く進んでしまうという事もあり仕方がないのかな?という気がしないでもないですが・・・。
個人的には色々考える部分もあったのでアレはあれで良かった思います。

さて、そんな事もあり読みかけの単行本を引っ張り出してまた読み直しをしているのですが・・・。
このスカイ・クロラという本自体は、森博嗣氏のスカイ・クロラシリーズ≠フ中では時系列的にいちばん最後のお話だそうで。
そんな事もあり、スカイ・クロラが終わったら他の本も読んで見ようと思っていたのですが・・・。

ハードカバーだと場所を取ってしまう事もあり、文庫本でどこまで出版されているのか確認しようと某密林のHPを覗いてみたのですが・・・。

表紙のデザインが変わっている・・・Σ( ̄□ ̄|||)

文庫本とかだと映像化されたタイミングで表紙が変わる事って結構あるのですが(例:昔はやった宗田理のぼらくら〜シリーズとか)、まさかコイツもとは・・・。
丁度1年くらい前に買った文庫本は、青い表紙に文字だけのシンプルなデザイン、でも新しいものは映画の登場人物の絵を描いているものに変わっていました。

なんか最初の奴と後の奴で表紙がここまで変わると嫌だよなぁ・・・。

そう思い以前に文庫本を買ったお店へ。
正直、そこまで売れる本とは思えないと思ったので以前の表紙のものがあれば買ってしまおうと思った訳です。
すると読み通りに旧表紙の文庫本を3種発見したので即ゲット→レジへ。
今回入手したのはこの3つ。

・ナ・バ・テア -None But Air-
・ダウン・ツ・ヘヴン -Down to Heaven-
・フラッタ・リンツ・ライフ -Flutter into Life-

これでスカイ・クロラシリーズの全5冊のうち4冊は揃ったのですが・・・。
あと1冊だけが手に入らないと。

ちょっとマイナーな感じの小規模な本屋さんでも覗いてみるかな今度・・・。

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

休暇も終わり・・・

また仕事の日々が始まります。

うちの会社は1週間の休みだったんですが、ここの所そういう期間での休みが取れる企業も少ないのか、友人とも微妙に都合があわない感じでコレといった事もなかったんですが・・・。

まぁ前半は財布紛失のせいで、その事後処理でバタバタしたりしていました。
紛失届を出した時から午後故に人が居なくて書類を作るだけで時間が取られた事から始まり、免許の再発行も午前中の受付時間に間に合わずこれまたほぼ1日を費やすと・・・orz
前半はほんと踏んだり蹴ったりな感じでしたよ(´・ω・`)

後半はまぁ映画を見にいったり本を読んだりと少し余裕が持てましたがw
週末の土曜日には神奈川のY先生が静岡に遊びにこられたので、ご飯食べにいったりボーリングにいったりと。
後はモンハンやったり?w

まともに誰かと遊んだというのはコレくらいか・・・^^;
でもまぁそういうのも良しかな?
しかし一週間で仕事でなく3回沼津まで出かけるってのはガソリンの高いこのご時世でどうなんだろう・・・。

まぁとりあえずお仕事がんがりますかw
早めにペースを取り戻さないとねぇ・・・。

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

スカイ・クロラ -The Sky Crawlers-

夏季休暇なのでちょっと気になった映画を観にいってきました。

作品のタイトルは『スカイ・クロラ』、原作が森博嗣、監督は攻殻機動隊などので知られる押井守監督の新作です。
skycrawlers
原作は途中まで読んではいたのですが、ちょっと放置していまして・・・。
まぁその関係もあって観たかった訳です。

率直な感想、物語はかなり重いです。

娯楽作品として軽い気持ちで観るには向かない作品ですね。
どちらかと言うと、終わった後に重い気分になります。
色々考えてしまうというか・・・そんな感じ。
視点をいろいろ変えると色々な事が考えられるというかなんというか・・・。

話はそんな感じですが、空の描写はとても綺麗な感じでした。

1回みただけでは・・・という印象も受けました。
DVDとかになったらもう一度見てみるか、購入してもいいかなぁ・・・。

とりあえず止まっている原作を読み直してみるかねぇ・・・。

posted by 884。 at 23:50 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽/映画/TV等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

休み早々やらかした・・・orz

財布落としましたw(挨拶

ははは、しかも休み初日にだぜ?w
こいつは笑えるぜ。

はははhahahaha・・・・・orz

夏期休暇初日、冨士の田子の浦港近所にある親戚のお墓と家にお線香をあげにでかけたのですが、場所が場所なので私だけ富士川緑地から自転車で行ったんですよ、運動がてら。
その親戚の家からの帰り道にサドルバックに財布を入れたのですが、バッグをきちんと閉じ忘れていて落としました。

ははは、ドジにも程があるぜ・・・orz

富士川緑地手前でちょっと止まって休んだ際にサドルバックが開いている事に気がつき財布を落とした事に気づく。
慌てて来たルートを引き返すも結局はみつからず・・・。

そんな訳でその足で冨士警察署に落し物の届出を一応してきました。
まぁ出て気はしないと思うのですが、一応ね。
帰宅後、クレカとキャッシュカードの利用停止申請を。

とりあえず明日は免許の再発行とキャッシュカードの再発行の申請をしにいく事に。

今回の被害
・免許証
・保険証
・キャッシュカード 2枚
・クレジットカード 1枚
・その他ポイントカード類
・現金15,000程度

はぁ・・・、とんだ初日だ・・・。

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

週末雑記

連日暑い日が続いてますね・・・。
暦の上では立秋を過ぎたので、これからの暑さは残暑扱いになるんですが、厳しすぎないか残暑にしては・・・^^;

○福田改造内閣発足、でもねぇ・・・
色々話題になっていた福田改造内閣ですが、面子を見るとなんだかねぇ・・・という感じ。
今回これに併せて役員人事も変更したのですが・・・。
目玉と思えるのは麻生氏の幹事長就任、麻生氏の人気で安定化を図ろうとしたのでしょうか?
あとは郵政造反組と言われていた野田聖子氏と北朝鮮問題で尽力した中山恭子氏の登用でイメージアップを図り支持率のアップを狙ってようですが、正直それも空振り気味なようで。
判る人は判ってると思うんですが、内閣でいちばん変えなきゃならないのは首相の福田氏自身であるということを・・・。
基本的にひと事のような発言を繰り返す人を誰が信用するんでしょうか?
また前述の人以外でも登用された人にも問題がねぇ・・・。
その辺を理解している人には今回の改造は改善≠ナはなくて改悪≠ニ思えるでしょうしね。
何といってもナンバー2扱いがあの人≠ナすからね・・・。
こりゃマズイだろう?という感じです。

○今更進展の毒餃子事件、そして隠蔽
少し前に問題になっていた中国産冷凍餃子の異物混入事件。
中国と日本で合同捜査本部が形式的≠ノは設置されましたが、中国側の自分達に過失はないという一方的な主張によりこの件は暗礁に乗り上げていました。
ところが数日前、急に報道された中国国内でも日本同様に天洋食品製の冷凍餃子による中毒被害が出ていたという事が公表されました。
これにより毒物混入は中国で起こったという事が確定的になったそうですが・・・。
問題はこの事実が日本側にはサミット前には報告されてたという事。
なんでここまで発表がおくれたのか?理由を政府側は『中国側の要望で捜査に影響が出る事を避ける為に発表をしなかった』との事。
まぁ中国側も国を挙げての大イベントであるオリンピックを前にこれ以上揉め事を増やしたくないという思惑もあったでしょうが、それにしても政府側の対応の甘さが目につきます。
この件が公表されて以降も、毅然とした態度で抗議等を中国に行っていません。
これがアメリカなどではその反対運動からもうこと細かくメディア側も叩きに回るのですが、それもないと。
当然ですよね、現内閣の親分とナンバー2が与党内でも屈指の親中≠ニいう名の媚中議員ですからね・・・。
加えてマスゴミもスポンサーの関係で特定アジア″痩ニの問題は取り上げようとしないと。
何か政府とマスゴミが一緒になって情報隠蔽していますからね・・・。
そんな状況です、お互いが頭に乗るのも納得できる気がします。

○Googleストリートビュー
色々と話題になっているこの機能ですが、試しにどんなものか使ってみました。
某氏の日記でも、本社社員の使用している駐車場が〜という記事があったのでそのあたりを見てみたのですが・・・。
おぉ、指摘している通りはっきり見える見える・・・^^;
この機能、確かにスゴイとは思いますし見ていると面白いというのは確かです。
ただ個人情報とは言わないけど、色々まずいんじゃない?という気もしないでもないです。
今後どう展開していくかちょっと注目ですね。
個人的には名古屋市を追加して欲しいというのはあるんですが・・・w

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

本気の痛車って・・・おぃ!

昨日配信されてきたAutosports誌のメールマガジンに書かれていた記事を見て、驚いたというか目を疑ったのですが・・・。

今期のSUPER GTのGT300クラスにエントリーしながらも開発の遅れなどで登場していなかったStudie & GLAD with ASADA RacingのBMW Z4 Mクーペが第6戦の鈴鹿1000kmから参戦するみたいです。
これなら別に普通なのですが驚いたのはそのボディカラー。

基本、こういうレーシングカーにはスポンサーの商品名や会社名などが書かれるのですが、このマシンについては少し前に話題になった音楽ソフト初音ミク≠フカラーリングで登場するそうです。

・・・えーと・・・、これマジ?

そんな訳でリンク先などが記事にあったのでそこも見てみたのですが、参戦する側はえらく本気の様です。
カラーリングやチームロゴ、レーシングスーツのデザインなんかもあったのですがその本気ぶりや本気と書いてマジ≠ニ読ませるくらいのマジさ加減です。
そもそも、そのページのトップに本気の痛車が〜≠ネんて書いてる時点でねぇ・・・^^;

確かに過去にも、SUPER GTシリーズにはアニメ作品をモチーフにしたりインスパイアされたであろう車が幾つかありました。

昨年GT500クラスで参戦していたKRAFTチームはメインスポンサーがバンダイであった為に、ガンダムのデザインなどでも有名なカトキハジメ氏のカラーデザインした車輌や、番組宣伝を兼ねたガンダム00カラーの車を走らせていました。
GT300クラスでも昨年のチャンピオンマシンはトイストーリーレーシング、トイストーリーカラーにペイントされた車輌だったのですが、まぁそれも一緒と言えばそうなのかも知れないですが・・・。
でも所謂痛車≠ニ呼ばれる種類の車がGTマシンになってサーキットを走るってどうなんだろ・・・^^;

GT300クラスに参加している某チームとウチの勤め先とちょっと繋がりがあるのですが、できることならこの車の後ろを走っている姿は見たくないかなぁ・・・^^;


補足@:痛車(いたしゃ)とは・・・

痛車とは、漫画・アニメやゲームなどに関連するキャラクターやメーカーのロゴをかたどったステッカーを貼り付けたり、塗装を行った車、あるいはそのような改造のこと。
ネーミングは、2次元キャラクターを描いた車で走り回る「痛い車」という自嘲とデザインのアクが強い事で有名なイタリア車を示す「イタ車」(いたしゃ)にかけたものである。
-Wikipediaより抜粋-

補足A:初音ミクとは・・・

初音ミク(はつね みく)は、2007年8月31日にクリプトン・フューチャー・メディアから発売された音声合成・デスクトップミュージック (DTM) ソフトウェア、および同ソフトのイメージキャラクターの名称。ヤマハの『VOCALOID 2』を採用した「キャラクター・ボーカル・シリーズ(CVシリーズ)」の第1弾として発売された。音階と歌詞を入力することで、ボーカルパートやバックコーラスを作成することができる。
自分で音楽を作る人には非常に高性能なソフトだが、そのキャラクターが所謂オタク層にウケた為にキャラだけがひとり歩きしている状況も見受けられる。

補足B:実際の痛車とは・・・
一応関連記事を見つけたのでURLを張りますが、自称∴齡ハ人(オタク層ではない人)は見ないことをお勧めします。
多分、ドン引きすると思います。ナナメに楽しめる方はどうぞ。
私の個人的な感想としては、そんないい車にわざわざそんな事するなよ!≠チて感じ。
ある意味、マゾ以外の何者でもない気がします、ハイ。
GT-Rとかにするなよ・・・と元スカイラインオーナーとしては思ってしまいますよ・・・ホント(´・ω・`)
http://ascii.jp/elem/000/000/131/131556/index-5.html
ASCII.jp『富士スピードウェイに痛車がっ! 世界一痛いカーイベント!』の記事

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

テクノロジーとフィードバック

先日TVKで放送をしてた番組がちょっと面白かったので最後まで見てしまったのですが。

放送していた内容は、北京オリンピック直前という事で現在のスポーツウェアに使われているテクノロジーというのを特集していました。

少し前に水泳で話題になったイギリスのSPEEDO社のLZR RACERに使用された技術から始まり、サッカーで使用されているウェアの現行品と過去のものとの比較、アスリート専用に製作されるシューズなど、その投入されている技術と人間工学(でいいのかな?)に基づいた設計という事でかなり面白かったんですが。

中でも興味を持ったのがスポーツを楽しむ人が最近好んで使うというパフォーマンスウェアというもの。
これは上記のアスリート用に使っていた技術を市販品にフィードバックした商品と考えればいいようで、適度に体に圧力を掛けて体を矯正、でも伸縮性と通気性、そして汗などを素早く吸収して気化させる事によって快適な着用感を維持するというモノだったんですが。
以前にスポーツ量販店で見かけたことがあり、ちょっと興味はあったんですが実際の効果とかがイマイチ判らなかったので見ただけという感じでした。

そして今回見たのは、アメリカのUnder Armour社製のウェア。
前に量販店で見たのと同じメーカーの商品でした。

こいつは実物を量販店で触ってみたのですが、生地が凄く柔らかくて伸縮性の高いものでした。
そして適度に体に圧力を掛けるという事までは理解していたのですが、こんなぴったりとくっつくモノが逆に動きを制限するのでは?という疑問もあったんですよね・・・。
ただ放送を見ていると、想像していた以上に伸びて通気性もいいみたいです。
実際、今この手の商品が結構売れているそうでアマチュアランナーやゴルフをする方に結構人気があるそうです。

こういうウェアはこのUnder Armour社やSkins社のモノが有名なようですが、国内メーカーでも開発販売はされているみたいです。
代表的なのがミズノのバイオギアシリーズ。

これも先述のUnder Armour社と同じようなコンセプトで開発されて販売している商品だそうです。
機能的な比較というのは判りませんが、単純に値段だけでいうとこちらの方が少しお安い感じ。
なので、最初にどんな感じかと試すならコレでもいいのかな?なんて気もします。

やっぱり自転車なんか乗っていても、この時期は結構汗をかきます。
一応、吸収性と乾燥性を謳った素材を使ったものをアンダーに着たりはしますが、まぁソレ用のものではないので長時間使うと乾燥が追いつかなくなりベッタリと・・・。
そんな訳でこういうのってどうなのか?と興味を持ち始めてはいます。

ただ一点だけ気になった事があるんですが・・・。
アンダーはこういう非常に高性能なものがあるのは理解できるのですが、その上に着るものもそれなりじゃないとあまり意味がないのでは・・・。
吸収性と乾燥性が良いという事は汗を素早く気化させるという事ですよね・・・、でも上着にそれなりの性能がなければ結局はそっちがビショ濡れになるのでは・・・^^;

これも素人考えなんでしょうかねぇ・・・。

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

自転車通勤芸人@アメトーーク、

録画しておいた先週放送の雨上がり決死隊のトーク番組『アメトーーク、』を見ました。

毎回あるジャンルでくくったくくりトーク≠ェ面白くて良く見るのですが、今回はちょっと自分の趣味とも重なる部分があったので録画しておきました。

今回のテーマは自転車通勤芸人=A都内の移動を車ではなく自転車をメインで移動する芸能人を集めたくくり。
出演メンバーは浅草キッドの二人、ウエンツ、チュート福田、オリラジ中田、安田団長、小島よしおという面子。

いきなり全員自分の自転車で現れたのにはちょっと驚きましたが、なぜに小島だけママチャリ・・・^^;
各々の自転車を軽く説明してたのですが、安田団長のキャノンデールの奴が140万ってのは驚きました・・・。^^;
他も各々こだわりがあるような感じで何気にスゲェし。
ママチャリの小島が一人だけ浮いているような気もしてたけど、よーっく見るとウエンツの自転車もどっちかというとシティサイクルぽいような・・・w

トークテーマは自転車をはじめたきっかけなどから始まり、最後はお気に入りのサイクリングコースの紹介とw
全体を見ていて思ったのが、小島よしおの浮きっぷりがなんとも・・・^^;
まぁソレが彼のキャラクターといえばそうなんですが。
あとは安田団長だけがちょっと他の人とは違って、かなり本気ハマリ組だなぁという気はしました。

自分もまだ自転車を買って間もないですが、何気に納得できる所や共感できる部分が結構ありました。
そんな感じで結構楽しんだのですが・・・。

今回の放送を見て思った事がひとつ。
これは下手にかじりはじめの人や、MTBやクロスバイクなんかを乗っている人が見ると、ロードバイクが欲しくなる気持ちが沸々とわいてくる事。

ある意味、危険・・・^^;

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽/映画/TV等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

整理整頓?

この週末、以前に注文しておいたモノが届きました。

届いたモノはこいつ。

回転式7段マルチラック。
以前から悩みどころだった本の収納スペース不足をこいつで一気に解消しようという訳です。

届いたのは土曜日の午後、配達してくれた佐川のドライバーさんも驚くタワーっぷり。
・・・組み立て済みで配送されてくるのかい・・・^^;
いあ、こういう家具類って自分で組み立てるモノと思っていたのですが、まさか組み立て済みとは予想外でした。
300*300*1700mmのサイズですからね・・・、二階に運ぶのがまたひと苦労でした。
組み立て済なので、梱包も大きいのでゴミも多い・・・orz

梱包をバラして設置、本の移動を始める。
流石にコミックス換算で300冊の容量という事で収納力はばっちりですね。
クローゼットの棚を圧迫していた奴らはこれでほぼ片付きました。

そして今度の課題、雑誌類のストッカーをどうするか・・・。
今は100円ショップで買ったプラの箱に平積みしているのですが、コレじゃ流石に容量が足りないし・・・。

今度はこっちを考えないとね・・・。

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

ひと区切り、そして・・・

4月末から参加していた英会話の前期講座が終了しました。
他の講座はまだ続くみたいですが、英会話だけは講師の先生が帰国する関係で7月末までという事になっていました。

そんな訳で昨日が最終日だったのですが、最後という事で講義という訳ではなくて打ち上げ送別会みたいな感じでした。
主導は生徒側、先週末の田貫湖のイベントは講師さんの主催でしたからね・・・。

今回も前のパターンと同じように、各自が何かを持ち寄るという形を取りました。
そんな訳で今回はチャイプリンを作成、といっても時間の都合上で無印の奴を混ぜて冷やしただけなんですが・・・^^;

ちょっと遅刻しましたが、到着すると結構みんあ気合が入っていたようで豪華でしたよ・・・。
私の到着してちょっと後くらいから打ち上げ送別会開始。
今回、講師さんが後期の講師候補とされる人を連れてきていたのですが・・・。

よくよく聞くと、来日したのが日曜日で日本語が全く判らないとw
後期は日本語が完全にナッシングになるのかなぁ・・・^^;

なんだかんだで英語と日本語が入り混じった会話が続く。
各々が持ってきたモノの作り方や、購入した場所、あとはほんとの世間話みたいな事が展開される。
非常に緩やかで楽しい時間でしたが、それも終わりが近づくと。

最後に講師さんを中心に写真を撮って終了。
正直、英会話ができる云々というよりは、英語に久しぶりに触れた事、あと良い人たちに会えた事に感謝しつつ前期講座は終了しました。

一部の人は講師さんを隣町まで送っていくといっていましたが、私はそのまま帰宅。
でも終わった後の建物外での世間話は今まで以上に長かった気がします。
そして講師さんが帰る際の名残り惜しそうな感じが印象的でした。

これでとりあえず一区切り、後期講座についてはまだ不明確な部分が多いですが折角なのでこのまま後期も続けられたらな、なんて思っています。

まぁ不安は山盛りなんですけどね・・・。

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。