2008年12月25日

光と闇

特にネタもないんでニュースを見て思った事を。

昨日、元タレントの飯島愛さんが亡くなったとの報道が流れました。
報道的には『勿体ない人を』的な報道をしている所が多い気がしましたが、その一方で死後数日が経過していたことから事件的なニュアンス等を含めたわざわざスキャンダラスに報道している下衆なメディアもいます。

故人なんだから死人に口なしじゃないけど興味本位な記事はやめておけと思う訳ですが・・・。
まぁ、メディアの姿勢は話をすると長くなるんで置いておいて。

報道の中でちょこちょこ耳に入ってきたのが彼女の心の不安定さみたいな部分。
精神的不安定さから芸能界を引退した方ですが、コメントをする人が都度クチにしたのは勿体ない≠ニいう言葉。

確かに、コメンテーターとして、話術もオチを付けたり最後に笑いを取ったりと勉学的ではなくて、空気を読んで其の状況に併せた行動が出来る頭の切れる人だとは思っていました。
でもその周囲の期待や、できる人という意思が、逆に彼女にはプレッシャーにはなっていたんじゃないでしょうか?

心の不安定さなんていうのは誰にでもあるものではないかと私は思います。

表に出る所謂光≠フ部分と、人には見せない裏の闇≠フ部分。
一般人である自分達は、周囲の人に見せている光の部分も見せる対象がそこまで広く無いでしょう。
そしてその人と接した事により受けた言葉により、場合によっては闇の部分が拡大する様に思えます。

あくまでもこれは個人的な論理なので勘違いはしてほしくはないのですが、その言葉による影響を受ける度合いは人によって様々だとは思います。

しかしその影響を受けやすい人ほど、精神的にダメージを負ってしまう比率は大きいのではないでしょうか?
メディアに露出していた飯島愛さんに至っては、その分母が大きい分余慶に影響を受けたのではとちょっと考えてしまいました。

心の光と闇。
なんとなくそう考えると、自分で闇の部分はあるのでしょう。
ただ説明するとなると、ちょっと難しい。
周囲と比較して、劣等感を覚える事は多々あります。
私生活の事だったり、仕事の事だったり起因する事は様々ではありますが、たまに何もかもブチ壊したくなる衝動がふっと過ぎる事があるのですが(実際は何もしませんがw)、そういう事が闇の部分なのかもしれないですね。
でも幸いな事に、色々と腹を割って話せる友人にも恵まれているのか、今の所うまくバランスが取れてはいるとは思います。

基本は本人の気持ちの持ちよう、でも影響を与えるのは人との関わりなのかなぁと思ったりしました。

特に結論も何も無い話しですが、アタマの中を過ぎった事ということでひとつご理解を。
まぁ、内容がない話ですからねぇ・・・。

posted by 884。 at 00:52 | 静岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。