2009年01月20日

20時間近くフル稼働?

先週末の土曜日に栂池高原までスノーボードをしに行ってきました。
今回は勤労青少年ホームで受講している英会話のメンバーと出かけてきました。

早朝5:00に出発という事だったので起きて準備を始めたのが4:00過ぎ・・・。
外の気温も低く寒いのなんの・・・(´・ω・`)
その後3か所でメンバーを拾い、栂池高原へ。
まぁ遅い車に捕まったり、諏訪湖SAで朝ごはんを食べたりとしたので現地に着いたのは10:00前くらいではあったのですが・・・。

いそいそと準備を進め、まず向かった先はレンタルショップ。
今回、2人が初スノーボードという事で、道具だけはレンタルという事になったんですよね・・・。
道具を借りた後は栂池高原の鐘の鳴る丘ゲレンデへ。
何回か栂池には来ているけど、ここに来たのは初めてだわな・・・^^;
090117_KANENARU
そのだだっ広いゲレンデにちょっと圧倒されるw
そしてクワッドリフトに乗り込みいざゲレンデ上部へ。
そこでまず、初心者さんにスケーティングの仕方を簡単に解説、慣れてもらう間に自分たちの足慣らしも兼ねて経験者三名は一本滑ってくる事に。

実は今回、当初持ってくる予定だったBurtonの板から金曜日にオークションで手に入れたYONEXの板に変更した関係で色々と問題はあったんですよね・・・。
まず前日にぜんぜん余裕がなかったのでホットワックスでの滑走面メンテが一切出来ていない&ブーツと合わせる余裕がなかったんでスタンス幅を適当に設定してたんですよ・・・。
これが微妙に影響してか、ターンが結構チカラ任せに。
でもまぁこの位なら程度で誤魔化してはいたんですが・・・。

一本滑った後は初心者さんの講習へ(ぉ
まずは立ち上げる所とサイドスリップの方法と。
当初はおっかなビックリの影響もあって、ほんと大丈夫かな?と思いましたが、30分くらいするとサイドスリップもそれなりの形になってくる。
そんなこんなでズリズリと滑り降りて午前の部終了。
正直、もう少し時間がかかるかな?とは思っていたけど予想外に飲み込みが早かった事にちょっと驚きました。
午後は復習とバックサイド側のサイドスリップへ。
バックサイドのほうは斜面側を向いてるので怖くないかな?とは思ったのですが、逆に降りる方向に背中を向けるのが怖いみたいで結構苦労していました。
フロントサイドと比べて上達度はちょっと・・・という感じではありましたが、それでも最初の半分程度の時間で鐘のなる丘ゲレンデを下ってくることができていました。

その後は折角だからという事でゴンドラに乗って山頂エリアへ移動。
ゴンドラ山頂駅からその脇を通るペアリフトの間のゲレンデはちょっと狭いけど初心者用のコースでもあるので、大丈夫かな?という判断もあったのですが・・・。
山頂到着後、雪質やコンディションの良さに妙にテンションが上がるw
ちょっとした雪遊びモードになってはしゃぎまわる面々。
確かにあれだけ柔らかい雪質ですしね、ハシャぎたくなるのも判る気がします。
途中で、ボードをソリに見立てて乗って遊んだりもしていた方々もいてちょっと笑ってしまいましたがw
かく言う自分もこのこの段差に上から思い切り突っ込んで行って降りるなんて事もしましたが・・・w
090117_TUGAIKE
そんなこんなでワイワイやっていると時間が思った以上にないことに気づく。
そして初心者二名を下山させるゴンドラ運行の時間に間に合わず、お願いしてスタッフさんが下山するのに同乗させてもらうという珍事までありました・・・^^;

で、残りの経験者3名はすっ飛ばして降りようかという事にはなったのですが、ここでもハプニングが。
ひとりが段差で飛んでしまい転倒、結構派手に行っていましたがその時は顔面を打ってちょっとくらくらしている程度かな?とは思ったんですが、どうも同じタイミングで足を負傷してしまったようで・・・。
後日、病院での診察の結果、捻挫という事だったみたいですが、痛いには痛いけど、筋とかをやっちゃわなくて良かったのかなぁという感じでした。
結局、昼間営業の間めいっぱい栂池で過ごし、帰路に着きました。

途中、話のタネにと以前に行ったことのある塩尻の回転焼肉屋さんで晩御飯。
いやはや・・・すげぇ食欲だみんなw
晩御飯を食べ、諏訪湖SAでお土産を買って、帰宅したのが0:00過ぎ・・・。
久しぶりにめいっぱい遊んだ気がします。
初心者さん二名も楽しんでもらえた様で、それはそれで良かったかな?という気がします。

また行こう、という話も出ているので次回企画も考えないとねー。

posted by 884。 at 12:15 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | スノーボード(旅行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。