2005年10月05日

るろうに剣心〜追憶編〜

C:Documents and Settingsj000000デスクトップkenshin tuioku.jpg

先日、なんちゃさんとMSNで話をしていた際にふと話題にのぼったので改めて見直してみました。
るろうに剣心自体は、週刊少年ジャンプで連載され、テレビアニメ化もされた作品なのですが、そのテレビ版では主人公である緋村剣心の過去の部分には触れないで終了となりました。
この追憶編はその剣心の過去の部分、幕末動乱期に影の人斬りとして働いていた時のお話です。

このお話、テレビや漫画のイメージで軽い気持ちで見ると痛い目を見ます。
むしろそのイメージを捨てて見た方が良いです。
まず、見はじめていきなり表示される『本編には過激な表現・描写があります』というテロップ。
製作がフジテレビなのでそんな過激にはやってこないだろうと思ってたんですけどね、想像以上に描写は過激です。
特にその殺陣のシーンについては、ここまでやるのか!という程のものです。
テレビ番組としての制約等を全て取り外すと、ここまでやるのかという程の内容なのです。

剣は凶器、剣術は殺人術

これをおもっきり地で行っているのです。
でもまぁ、其の裏での剣心の人斬りの自分と、普段の自分との葛藤なども良く描かれているなぁって気がします。
その後、出逢う事になる雪代巴の影響で、徐々に人間としての自分を取り戻していくとこなんかも、上手く描かれているなぁって気はします。
あと、それの描写の後ろで流れるBGMも非常に秀逸です。

漫画版の追憶編の部分と比較してみても、こちらの方がより暗い世界観で表されているのですが、でもその結果として物悲しさを上手く演出しています。

剣心のエピソードでは、この追憶編が個人的にはいちばんいい話だとは思うんですけどね・・・。
見た事の無い人、剣心本編を見ていない人でも話的には理解できると思いますので、ちょっとオススメしておきます。

ただ、本編やテレビの雰囲気が好きな人にはちょっと抵抗あると思います。
ああいうコミカルな感じは全くないですし、話自体は凄く暗いですから・・・^^;

posted by 884。 at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(2) | 音楽/映画/TV等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そおゆう見方をすると確かに良くできてますねー。

でも、どうもあの絵は・・・。剣心じゃねー。
Posted by あやね at 2005年10月05日 23:26
確かに絵の雰囲気は全然違う気がするよね・・・。

でもね、それもあの暗いというか静かな世界観にはあっているかなぁって気はするのです。
影の人斬り≠ニして生きていた時の話だし、それがテレビ版みたいな感じの絵で描かれては、それはそれで世界観ブチ壊しな気もしますしね。

あとこの話、個人的には巴の死から、長州藩の遊撃剣士となったところ、物語のほんとの最後の部分が全てであるって気がするのですが・・・。

ま、これはまた別の話ですね。^^;
Posted by 884。 at 2005年10月06日 11:37
この作品はかなりの良作です。いや、傑作です。正義の矛盾だったり、名も無き人たちの犠牲があってこそ近代日本ができたんだと実感させられる作品です。
Posted by 安禄山 at 2010年05月31日 18:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

るろうに剣心??追憶編??
Excerpt: 以前、某8の方から「是非、観とけ!」と言われた事をふと思い出し、 深夜12時を回...
Weblog: ちゃLOG-Ver.3.2
Tracked: 2006-01-18 01:19

るろうに剣心  追憶編
Excerpt: るろうに剣心は原作は以前全巻読んだことがありますアニメも小学生あたりになんとなく見てた記憶がありますそしてこのOVAの追憶編かなり以前から名作だと言われていたのは知っていたんですがようやく見れました本..
Weblog: にき☆ろぐ
Tracked: 2008-02-29 21:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。