2008年09月23日

クイズマジックアカデミーDS

先週末くらいからチマチマと進めています。(挨拶

先月末に某やっさんと話をしていた際に出るのを知り購入したのですが・・・。
いや何て言うか面白いですねコレ。

何が面白いかというと無線LANのルータがある場合は、それを利用してネット対戦が出来るという所。
Wi-Fi接続で無線ルータを経由してサーバに接続し、同レベル程度の相手とクイズ対戦が出来るというのが妙に対抗心が燃えて良いですね。

今現在、魔導士3級。
これがどの程度のランクなのかは良くはわかりませんが・・・。
何か成績によって所属クラスというのがあるみたいで現在はサイクロプス組という所。
聞いたところ上から3番目のクラスみたいですが・・・。

少し前はいちばん上のドラゴン組にいたんですが、苦手分野が連続して負けが込んで今の位置に。
正直、タイピング問題や書き取り問題とかキツイわぁ・゚・(ノ∀`)・゚・
回答の傾向とか見ると、自分の苦手分野とか判るんですが・・・。

傾向としてはスポーツとアニメ&ゲームのジャンルが弱いという事が。
スポーツは海外の野球やサッカーの知識が全く無いといっても過言ではないので完全にそこで落としている。
アニメ&ゲームでも同様、最近のものとかになると全然知らないし・・。
その反面、異様に芸能の正答率が高いのが自分では意外でしたがw

DSのソフトなのでちょっとした時にひと勝負!とかできる手軽さもいいですね。
あとクイズという短期決戦の部分もとっつきやすい感じ。

ゲームセンター換算にすると、もうモトは取ったかな?w

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

なんとなく

ここ最近、PS2のグランツーリスモ4を引っ張り出してきてちょこっとやったりしています。

特に何かのレースをするという訳ではなく、自分の好きな車を使って特定のコースをどのくらいで走れるかなんていうのをやっているだけではあるんですけどね・・・。
その特定のコースというのが、ニュルブルクリンクの北コース。
ニュル24時間レースでも有名なこのコースを自分の好みの車でどのくらいで走れるかなんてのをぼさーっとやっています。

発売当初は仲間内でこのコースをどのくらいで走れるかなんてタイムアタックをしたりもしていましたが、ちょっとそんな事を思い出しながら車を色々換えながら走る。
各々の駆動方式の違いで、自分の操作方法に馴染むもの、馴染まないものがあるといういうのがハッキリわかりますね。
正直、物凄く苦になるという訳ではないですが、駆動方式的な好みはこんな感じ。

4WD>FR>MR>FF>RR

4WDに関しては、元スカイラインオーナーというのもあり、憧れの車であったGT-Rをという所から来てはいるんですが、操作フィールがFRに近い上に前輪も駆動しているので姿勢制御をがしやすいという所からきています。
FFとかも嫌いではないんですが、操作中ノーマルでもデュアルショックと連動してブレブレしているので、その感覚が嫌なんですよね・・・。
RRは安定しないので基本的には・・・って感じ。

まぁテキトーに昔を思い出しながらチマチマ楽しんでいるんですが、ふと気になったのが昔のタイム。
試しに当時使用していた愛車(ぉぃw)であるR34 GT-Rでのタイムを見てみたんですが・・・。
やっぱり今の方が微妙に遅いw
あの当時はアホみたいにニュルばっかり走ってましたからねぇ・・・。
ブランクもあるし仕方ないっていえばないんですがw

流石にその頃のタイムを抜こうという気はしませんが、今のところはニュルでのベストセッティングを出そうと格闘中。
BNR32、BCNR33、BNR34と第二世代GT-Rの3種を気分によって使い分けて、バネレートの数値をいじってみたりしながらチマチマと遊んでいます。
何気にこういうセッティングって面白いと思うのは俺だけですかね?
セッティングとはいっても、キモになるのは足回りのバランスだとは思うんですけどね。

上手く衝撃を吸収して跳ねない、フロントがスッと切り込めて粘る足、コレが理想。
でもそれを探すのが難しい。
妥協点を探しつつ、チマチマ楽しみながらニュル仕様を詰めています、ハイ。

今の所の好みの車輌
・R34 SKYLINE GT-R V-spec N1
・R33 SKYLINE GT-R V-spec
・R32 SKYLINE GT-R V-specU
・Z33 FAIRLADY Z
・HONDA NSX TYPE-R
・SUBARU IMPREZZA STi
・MITSUBISHI GTO
・TOYOTA SUPRA RZ
・TOYOTA CELICA GT-FOUR(ST165)

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

ACE、再び

何か風邪気味で体調悪いです・・・(挨拶
先週末から風邪薬とか飲んで誤魔化してはいるんですけどね、やっぱきちんと休んだほうがいいのかなぁ・・・(´・ω・`)

まぁそんな訳で、この週末は比較的大人しくしてたのですが・・・。
薬が効いてるのか調子が良かった時間に、ちょこっと外出とかはしましたけどね・・・。
そんな中、ちょいとコレをやってみたくなったので中古品を購入。

ace_zero
『ACE COMBAT ZERO -THE BELKAN WAR-』
一応、PS2のACEシリーズではいちばん新しいタイトルではあるんですが、前作のACE5の10年前の話がこのタイトルの中で扱われています。
前作のシナリオが非常に秀逸だったのと、今まで全てのACEシリーズをやっていたという事もあり手を出した訳です。

今作もまだMission08くらいまでのシナリオしかやっていませんが、なかなか面白い。
そしてシステム的に面白かったのが、自分の行動によって3種類のエーススタイルに分類され、それにより演出が変化するという仕組み。
内容的にはマーセナリー、ソルジャー、ナイトと分類されるみたいですが、それによって何がどう変化するかは正直良く判らないです、ハイ。
今の自分のプレイスタイルでは、ソルジャーとナイトの間を行ったり来たりしているといった感じです。

そしてACEシリーズと言えば登場する戦闘機もポイントなのですが、今回ははじめて国産の戦闘機、三菱F-1が登録されました。
初期の段階で使えるので、コレをチョイスして使用しているのですが、もともとは支援戦闘機、しかも現在は実機も退役している古めの機体なので、正直ドッグファイトやるには厳しいです・・・^^;
そんなこともあり、今は三菱F-1→F/A-18へと乗換えをしたのですが・・・。
個人的にスキなX-29AとF-14Dがなかなか出てこない・・・。
まぁ気長にいきますか。

あとゲーム全体を見て思ったのが、敵の戦闘機が今までと比較して結構かしこくなっている感じがありました。
なかなかロックをかけれない、そしてかけても上手くかわしていくと。
相手さんも、ACEクラスの機体が存在しているみたいで、結構いい感じでアツくなれます。

この作品、ボリューム自体は前作に比べて少ないらしくミッション自体も少なめみたいですが、こういうロックのかけあいを楽しみながらチマチマ遊ぼうと思います、ハイ。

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

THE UNSUNG WAR

ここ数日、オーシア連邦の空を部隊を率いて飛び回っております。(挨拶

先日のPC故障の時に暇つぶしでしまいこんでいたPlayStation2を引っ張り出して以降、夜にちょこちょこゲームをしたりしています。^^;
それまでは暫く使ってもいなかったので、たまにはいいかなぁという感じで遊んではいるのですが・・・。

引っ張り出した当初はRPGとかやってみたのですが、時間が掛かるのはダルくなってきて・・・orz
そんな事で、比較的短時間で楽しめるモノということで『ACE COMBAT 04 -shattered skies-』を引っ張り出して遊んでたんですが・・・。
なんか久しぶりの戦闘機モノという事で勢いが付いたのか、次作である『ACE COMBAT 5 -THE UNSUNG WAR-』を買ってしまいました。^^;
まぁ廉価版の中古、しかも結構古いソフトなので値段も手頃だというのもあったんですけどね。

一昨日くらいからやり始めてまだまだ序盤戦ではあるんですが、1ステージに対しての所要時間が比較的短めなので気軽にできるのがやっぱいいですね。
シナリオや演出も結構凝っていて、結構のめりこみます。
今作から取り入れられた僚機とのやりとりや、同じ部隊機に作戦指示ができる点などもなかなか面白い気がします。

ただ、難点もありまして・・・。
ちょっと気になったのがリプレイ機能がちょっと前作よりは落ちたかなぁという気がします。
僚機のリプレイなんかも見れるようになってるみたいですが、アングル等は少なくなっている気がするので、ここがちょっと微妙かなぁと。
あと、このシリーズの特徴である自分の好きな機体に乗って進めて行くというのがあるのですが、これが僚機にも適用されているんですよね・・・。
そのため、機体を購入する金額が格段にハネ上がってしまって金欠に陥り易いです・・・。

現状の部隊の機体編成なんですが

Blaze(自分) →F-20Tigershark
Edge     →F/A-18CHornet
Chopper   →F/A-18CHornet
Archer    →F/A-18CHornet

ぶっちゃけ、仲間の方が性能の良い機体に乗っていますw
私の使用しているF-20Tigershark≠ニいう機体は、初期に使用できる機体F-5TigerU≠フ後継機として開発されていた試作機なので、ぶっちゃけ空中戦は良いけど、対地/対艦攻撃などでは使い難い機体です。
F-20
仲間と同じくF/A-18に乗り換えれば、少しはラクになるんでしょうけどね・・・。
でもね、こういう戦闘機モノって軽戦闘機で空中戦をするのが醍醐味じゃないですか!
という考えもあるんですが、実際はF-20での戦闘経験値を稼ぎたいというのが一番の理由です。

というのも、基本となる戦闘機の経験値が累積されると、その機体の発展型や派生機が使用できるという事があるからです。
F-20も、初期段階で使用できるF-5の発展期という事で使用できる機体なんですね。
何で不利な条件で必死に経験値を稼いでいるかというと、このF-20の派生機が使用したいからなんです。
その派生機というのがコレ。
X-29
『Grumman X-29』。
前進翼が特徴の試験機ではあるんですが、某漫画とか好きだった人には衝撃的なスタイルをした機体でしたからね。
正直、スペック的にはF-20と大差ないとは思うのですが、ほらソコはやっぱり浪漫ですから・・・(ぉぃ

まぁ、現段階でも正直F-20だけじゃキツイので何かもう1機と使い分けで稼いだ方がいいのかもしれないですけどね・・・。
いけるとこまでは現状でいってみよう。

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

買っちゃった!

新しいトゥディなのだ!(違

・・・いきなり10代には判らないであろうボケですみません・・・orz
という訳で買っちゃたんですよ、以前から欲しかったアレを。
結構欲しがってはいたのですが、どこ行ってもほぼ品切れ状態ですからね・・・。
少し前から某氏と相談していて、狙い目は土日の朝だという事を話していたので、開店少し後のヤマダ電機に行ってモノを確認してきたのですが・・・。

在庫数:3個

・・・あるよ・・・Σ( ̄□ ̄|||)
という訳で他人に先越される前にget!
・・・いあ、前にソフトを物色している最中に完売なんて目にあっていたので先にモノを抑えましたよ・・・。

で、何を買ったかというとコレ
ds_lt
『Nintendo DS Lite + 200万人の漢検』
DSは少し前から勤め先でも常識力とか脳年齢とかの話をしていて、面白そうだなーとは思っていて欲しかったのですが、まぁ何せあの品薄状態ですからね・・・、なかなかお目に掛かる事が出来なかった訳です。
はじめは知人に、珍しいしネタでという事でピンクの奴でも買おうかと思っていたのですが、実物のあまりにものピンクっぷりにちょっと・・・。
もうちょっとメタル調か、薄い色合いならそれでも良かったんですが、結局は無難なネイビーにしました。

で、帰宅後に早速漢字力チェックをしてみたんですが・・・。
現在、準2級で2級の試験がなかなか通らない・・・orz
回答をみると、『あぁ・・・』って思うのですが、いざ書いてみようとすると結構忘れているんですよね・・・(´・ω・`)
実際、仕事で文章/書面なんかを作成する際も、PCで作っちゃうので手書きをするケースって何気に減ってますからね、読めはするけど書けない感じが結構あるだろうなぁ・・・とは思ってたんですが、こう実際に試してみると現実を思い切り見せつけられますね・・・^^;

因みにこの漢検の簡単チェックというのがあったのですが、うちの家でみんなでやってみたのですが・・・、結果

私、父親→二級相当(高校卒業程度の漢字力)
母、弟 →三級相当(中学卒業程度の漢字力)

だそうです。
実はこの後、うちの父親が本編を少しやってみたのですが、上記の判断で最初はタカをくくってたんでしょうね・・・。
五級程度のレベルでの漢字力チェックをした所、見事に不合格。
その後、しばらくひとりで格闘していました。

・・・何気に購入後、いちばんDSを使っているのは父親です・・・。

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

ひぐらしのなく頃に 祭

今日、PS2であるゲームが発売になるそうです。
それがタイトルにもある『ひぐらしのなく頃に 祭』というゲームなんですが・・・。

周囲で色々話は聞いていたので、色々調べてたんですが結構PS2という家庭用ハードで出るには色々と驚いた仕様になっていたのでその事についてです。

先に断っておきますが、私自身は原作をやったこともないし話をしっかり知っている訳ではありません。というか、ジャンル的に耐えられない気がするので手を出しません。
なので細かいツッコミはナシの方向で・・・。

このタイトル、ジャンル的にはサウンドノベルに分類される所謂ホラーものらしいのですが・・・。
まず、ちょっと見て驚いたのが家庭用ゲームなのに年齢対象表示があること。
基本的に家庭用ゲーム=全年齢対象だと思ったのでこれに少し驚きました。
この事もちょっと調べたのですが、正直、年齢制限=アダルト要素有りという先入観があったのですが、これは間違った認識だった様で以下の様に分類されるみたいです。


1.レーティングの対象となる表現項目について

○暴力表現
出血描写、身体分離・欠損描写、死体描写、対戦格闘・ケンカ描写、殺傷、恐怖

○性表現系
キス、性行為、裸体、排泄、抱擁、水着・コスチューム、性風俗業、性的なものを強く想起させる表現、下着の露出、不倫

○反社会的行為表現系
犯罪描写、非合法な飲酒及び喫煙、麻薬、非合法なギャンブル、虐待行為、近親姦・強姦、売春・買春

○言語・思想関連表現系
言語・思想関連の不適切な表現

それぞれの表現項目には上限があり、上限を超える表現・内容を禁止表現とし、禁止表現を含むソフトにはレーティングを与えない。

2.CEROレーティングマークについて

CERO A:全年齢対象
CERO B:12才以上対象
CERO C:15才以上対象
CERO D:17才以上対象
CERO Z:18才以上のみ対象
(18才未満者に対して販売、頒布しないことを前提とする区分)

と、こんな感じでわかれるそうです。
で、このタイトルは『CERO D:17才以上対象』、そしてコンテンツ分けでは『暴力表現』と区分されるみたいです。
要は年齢制限かける位にキツい表現があるホラー物って事ですね。
ただコレも販売側曰く『17才以上対象の範囲で許容されうるギリギリ限界』だそうで・・・。
この『CERO D』にした理由というのが、一段上の『CERO Z』にしてしまうと、一部自治体の青少年保護育成条例に基づく有害図書指定にされてしまう事を回避するためだそうで、そこの倫理調整に大分苦労したみたいです。

そしてもうひとつ驚いたのが、原作が所謂『同人モノ』と言われる物であることでしょうか?
調べていく上でも記述されていたのですが、同人モノから家庭用に移植されたのはコレが初のタイトルという事らしいです。
同人モノというと、イメージ的に即アダルト要素が含まれると考えられますが(実際、私もそう思ってました)、この原作者はまずアダルト要素を廃して、和製ホラー要素を絡めた猟奇殺人、そして本格的な推理要素を導入する等、今までに無かったジャンルで展開された作品だそうです。
家庭機移植以外にもメディアミックス展開がされていて、昨年はテレビアニメ版の放送もされていたそうで、その続編も今後予定されていたりするそうです。

実はテレビアニメ版を某氏の家でほんとにちょこっとだけ見た事があるのですが・・・。
ごめん、導入で既にダメでした・・・orz
見たのが第一話のOPが始まる前までのシーンなんですが、主人公の男の子が、女の子2人(誰かは知らない)を金属バットで撲殺しているシーンから始まるなんて、その時点で尋常じゃないなぁと・・・。
まぁこのタイトルのパッケージを見ただけでも尋常じゃないなぁとは思えますけどね・・・。
higurashi
なんでパッケの女の子が鉈持ってるのよ・・・。
それでタイトルに祭って・・・。

色々書きましたが、お話自体は非常に秀逸で面白いそうです。
サスペンスホラーが好きな人にはいいんじゃないでしょうか?

まぁ俺は絶対*ウ理ですけどね・・・orz
まだ文字だけなら耐えれるかなぁ・・・。

posted by 884。 at 00:00 | 静岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

何気に面白い!

先週末にスノーボード関係の事を調べていた際に偶然見つけたゲームなんですが、クリスタルボーダーというゲームが何気に面白いです。

どんなゲームかというと、カンタンに言えばスノーボードちっくな横乗り系のオンラインレースゲームで、操作も非常に簡単です。
例えるなら、昔FFZであったスノーボードゲームみたいな操作性で、ステージ的にはスノーボードクロス+キッカーでぐるぐる回すというような感じ。
レースなので、早くゴールした人が勝ちではあるのですが・・・。
私自身は、キッカーで全方向回して楽しんでます。故に遅いんですけどね・・・^^;

前述した通り、操作自体は非常にカンタンでレース自体も1回3分程度なのでちょっとした時間に軽くやるにはいいかなぁって気がしますね。
以下、ちょっと個人的な感想。

○長所
・基本プレイが無料なのでお手軽。
・アイテムによって差が付きにくい。
・所要時間が短いのでカルイ気持ちでできる。

○短所
・正式サービスの割にバグが多い。
・トップがゴール後10秒でレースが終わるために、リタイア率が高い
 →獲得ポイントが少なくなる。

こんな感じ。
色々あるけど、仲間内でちょこっと遊ぶなんていうのには時間も掛からないので最適かも?w
詳しくは下記のURLでも見てください。


クリスタルボーダー公式HP
http://www.atgames.jp/atgames/html/welcome/index_crystal.html


※補足
このゲームもやっぱりBGMがインストールフォルダに格納されています。
なので、手持ちのMP3ファイルの名前を書き換えてBGMフォルダに上書きすればBGM変更が可能でした。

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

グランツーリスモ4 オンライン実験バージョン

gt4
昨晩、24時間耐久3連戦が無事に終わりました。
そして無事にファーミュラもゲットしたので、中級最後のレースに参加したのですが・・・。
流石に負荷掛けっぱなしだったようで、熱暴走かどうかわかりませんがロードが止まりました・・・orz

さて、それは置いておいて、情報サイトでGT4の中古車サイクルのリストを探している際に発見したのですが、2006年5月9日〜19日正午の期間でGT4のオンライン実験版のテスターを募集しているみたいです。
これは次作では最初からオンラインでのプレイを視野にいるために、現段階でのテストをしてみようという事みたいです。
一応、人数制限は5000人ということなので、運が良ければ参加できるかなぁ?って感じではあるのですが・・・。

なんとなく回線負荷や処理上の問題で悲惨な事になりそうな気がしないでもないですねぇ・・・・。
興味はあるけど、応募は保留。
でも、次作でオンライン化っていうのは面白いかもしれないですね。
あと、レースに参加できる台数が増えてくれれば更に良いのですが・・・。
流石に6台ではちょっと寂しいですしねぇ・・・^^;
でもこの場合は基本的にスプリントレースでないと成り立たないかもですね。

現状では色々と問題が出るでしょうが、この結果が次作に生かされるとなると、車好きにはたまらない物になるかもしれないですね。

あー、できればもう少しだけ車種を追加して欲しいかなぁ・・・。
個人的には以下の様な物が追加して欲しいですね。

・三菱 スタリオン
・いすゞ ジェミニ
・マツダ RX−7(SA)

こんなとこっすかねぇ・・・。
マニアックすぎるって言うな・・・orz

posted by 884。 at 00:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

24時間レース×3セット

今更ではあるのですが、約半月くらい前からまたPS2のGT4をやり直しています。
キッカケは単にラリーで遊びたかっただけなのですが、メモリーカードが行方不明になっているので、最初からやり直し。

で、ちまちま進めていて月初過ぎくらいから耐久レースにも参戦できる状態になったのですが、その中に大きな3つのヤマがあるんですよ・・・。
それが24時間耐久レース3種。
内容はニュルブルクリンクが1種、ル・マンが旧サルテと現行サルテで2種なんですが、コレがまたほんとに24時間かかってしまうのがねぇ・・・^^;
そこまでリアルにせんでも良いわい!とは思うのですが、文句を言っても変る訳ではないので・・・。
幸い、NPC任せのディレクターモードがあるので実際にその時間操作する必要はないのですが、一日中PSをつけっぱなし&占有されるのがちょっとしんどいっすねぇ・・・。^^;
それでも今現在、3戦目なので明日の夜中には終了します。
つまり、今日で3連戦目な訳です。

○第一戦 ル・マン24時間耐久レース(現行コース版)
初戦担当のマシンはこいつ。
787b
『MAZDA 787B』
1991年に開催されたル・マンで日本車として初めて優勝したマシン。
NHKの人気番組だった『プロジェクトX』でも取り上げられた事がある名車です。
そいやこの車って4ローターだったんですね・・・。
ロータリー1個の排気量が654cc(現行の軽自動車相当)で総排気量は2616cc。
最高出力は700PSを超えていたそうです。
まぁ、ロータリーはレシプロと違って、単純に排気量で判断はできないんすけどね・・・。
とりあえず第一戦はコイツで勝利。

○第二戦 ル・マン24時間耐久レース(旧コース)
第二戦の担当はコレ。
88c-v
『ミノルタトヨタ 88C−V』
実際、この車はトヨタがル・マン以降にデビューしたので88C−Vとしてはル・マンを走ってはいません。
翌年、改良型の89C−Vで参戦しているのですが、この89年で印象に残っているのはミノルタカラーではなく、タカキューカラーの89C−V。
レース序盤にピット手前のエリアでトラブルが発生し、ストップ。
その時にドライブしていたのは、前年にジャガーXJR9を駆り、ル・マンを制したジョニー・ダンフリーズ。
約2時間程ドライバーがピットに帰れれば!という事で応急処置をして復帰したその瞬間に、その状況を撮影していたフランスのTVクルーのカメラのケーブルが破損箇所に絡まってしまい結局リタイアしてしまったというのを覚えています。
それを見てた当時、『なんで外部の人間に妨害されなきゃならないんだ!』という怒りを画面に吐いたのを覚えています。
まぁ、前フリが長くなってしまったのですが、そんなこんなで88C−Vで参戦。
これも勝利。

○第三戦 ニュルブルクリンク24時間レース(現在進行中)
ニュルと言えばやっぱコレでしょ!
calsonic_r32
『カルソニックR32スカイライン』
・・・、いやほんとはR33型のレースカーがあれば良かったんですけどね、生憎それが無かったのでコイツで参戦しました。
現段階では1位を走行していますので、まぁこのまま終了するとは思いますが、結果がわかるのはあと23時間後くらいでしょうか・・・^^;

これが終わればあとはスプリントばっかりなので、普通に遊べますね^^;
そいやGT5が出るという噂があるみたいなんですが、実際にもう画像とかって公表されてるんですかねぇ・・・。

posted by 884。 at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

空の軌跡SC 第八章 -混迷の大地-

昨日、やっと第八章が終了しました。(挨拶

このシナリオ、正直な感想としては厳しいです。
基本的にはお使いシナリオなんで、サブクエストを一切無視して進めばあっさりクリアできそうなのですが、まぁ隠し要素や本探しなどもありますのでチマチマ進めてたのですが・・・。

お使いをこなす度に戦闘力が低下していくのは正直厳しかったです。
それに加えてこのシナリオでは七章までのほぼ固定メンバーであったクローゼが戦線離脱してしまうので回復役がいない・・・。
しかも前章で代替として活躍したケビン神父も戦線離脱・・・^^;
兎に角回復役を急所仕立てる必要があったので比較的アーツ系に強いシェラザードを投入。
しかし、今までずーっとクローゼを使ってたので、その能力差に苦しみました。
特にメインシナリオ終盤の王都グランセルでのイベントはしんどかったです・・・。
イベント以降〜第八章終わりまでは、まぁサプライズてんこ盛りでこれはこれで面白かったですよ。^^
最終章に向けてぐぐっと盛り上げた感じはありますねぇ。


サブクエスト関連はなんとか『賭博師ジャック』を全巻揃え、苦しみながらも各地方のサブクエストを消化しました。
ただ今まで2個のクエストを落としているので現段階でのランクはB+。
最終章でAランクに上がれるのかどうかちょっと微妙という感じでしょうか?

そんな訳でいよいよ最終章に入ります。
一気にやってしまいたい気もしますが、まぁ少しづつ進めてじっくり味わいたいと思います。

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

空の軌跡SC 第七章 -四輪の塔-

現在は第八章に入っています。(挨拶

第六章で某キャラが仲間になり、格段に戦闘力が上がって一気に戦闘はラクになりました。^^
それに引っ張られてメインのエステルとほぼ固定メンバーのクローゼのレベルも引っ張られるように上がり、結構面白いなぁ・・・という感じです。
エステルは打撃力重視、クローゼは魔法重視というような感じで進めております。

さて、この第七章なんですが少しネタバレすると各地方にある4つの塔に行かなくてはならないのですが・・・、各塔の頂上にいる結社の執行者とのやりとりなんかがシナリオ本筋なんですが、そこまで行くのにまぁ戦闘だらけでそれがしんどいですねぇ・・・^^;
特にサブクエストがある訳でもなく、塔と塔の移動もアルセイユで送ってもらえるのでほんとダンジョンをクリアするだけって感じです。
話をサクサク進めて行きたい人には結構きつい所ですね。

あと各塔で執行者と前哨戦的な戦闘があるのですが、コレがまた結構しんどいんですよね・・・^^;
執行者が強いという訳ではなくて、周りにいるザコがウザいんですよ。
逆に執行者のほうが攻略しやすかった様な気がします。

まぁこの章の戦闘が、前章から仲間になった某キャラとのバランスを取るために必要なのかもしれないんですけどねぇ・・・。

さて、長々とやってますが残り二章です。
また第八章も色んな意味でしんどいんですけどねぇ・・・、チマチマ進めていきます。

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

空の軌跡SC 第六章 -絆の在り処-

sc_06
現在、7章に入っております。(挨拶

折り返しを過ぎていよいよ物語もクライマックスに向かってという感じになってきています。
そのクライマックスに向けて盛り上がったのが第六章でした。

一言でいうと『ドラマチックな展開』。

まさにそんな感じの展開でした。
大きなネタバレはしませんが、このシナリオで剣帝レーヴェとヨシュアの関係が明らかになります。そしてFCの最終章で出てきた『ハーメル』という言葉の指すものが何か・・・。
ただこの章の最大の山場はやっぱいちばん最後でしょうね・・・。
ここまでも『大物』の片鱗を見せていたエステルがほんとその大物ぶりを発揮してくれます。
いやはや、このシナリオ書いた人はほんと上手いなぁ・・・という感じがします。

SCを進めていく上では、この章がいい意味での折り返しだなぁ・・・という印象を受けました。
そしていよいよ物語りは本筋である『結社』の陰謀の解明、阻止という部分に入っていくのですが、何気にやり始めると止め難いですね。
止められはするんですが、流れ的に止め難い、そんな感じを受けますね。

あと3章、じっくり進めていこうと思います。^^

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

空の軌跡SC 第五章 -守るべきもの-

loh6
現在、第五章の中盤といった所でしょうか?(挨拶

やり初めて2週間が経過しましたが、だいたい今のところで半分くらいということでしょうか?
前作よりもやはり難易度が上がっているということもあり、結構戦闘でアタマを使わなくてはならないので何気に苦労しています。
あとはクウォーツの組み合わせや、どの段階でスロット強化をしていくべきかなど、悩みも多いわけです。

あとはサブクエスト類を全部こなしながら進む勢いでやっているので何気に時間が掛かっております。まぁそれでも第四章で2個のクエストを落としてしまっているのですが・・・。

あと何気に苦労しているのがメンバーのレベルの均一化ですかねぇ・・・。
メインのメンバーであるエステル、クローゼ、オリビエなどはほぼ同じレベルなのですが、その他のメンバーのレベルがガタ落ち・・・^^;
直接攻撃としてはいちばん強いのではないかと思うジンがいちばん弱い状態。
これってやっぱレベル揃えないとキツイのかなぁ・・・という事で、それをどう対処しようか悩み中です。

さて、メインのシナリオの方ですがだんだん盛り上がってきましたねぇ・・・。
王道的な作りといえばそうなのかもしれませんが、ドラマチックに進行するのでほんと飽きないです。
前作も久しぶりに楽しい!という事を言いましたがそれ以上に楽しんでます。

そんな極端に長い時間をまとめてプレイしてないので、コツコツ進めていますがそれ故に楽しんでいます。^^

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

英雄伝説 空の軌跡SC

sora no kiseki sc 01
一般販売の一日前に届きました。(挨拶

ファルコムのメーカーオンラインショップで購入すると、一日早く到着するという事と、得点のオマケが付いてくるという事で、そちらに注文したのですが・・・。
昨晩、帰宅すると届いておりました。
早速、開封して中身を確認してみると、中身はこんな感じ。
sora no kiseki 02
・ゲームディスク(当たり前ですが・・・)
・ドラマCD
・フォトストーリーブック

フォトストーリーブックは前作の内容をエステルの視点でまとめたものなんですが、FCからやりたい人は見ないほうが懸命です、ネタバレ満載ですから・・・^^;
で、ファルコム通販で買うと付いて来る『アレ』と呼ばれてたオマケなんですが、その正体はコレでした。
sora no kiseki 03
・テーマ曲のCD

一応、一般販売のものでもサイトからダウンロードできるパスワードとかが付いてくるのですが、でもやっぱこうプレス版として貰えると、それはそれで嬉しいものです。^^

さて、中身を確認したので早速インストール。
ゲーム開始後、前回のデータを引き継ぐかどうか?と聞かれるのでここは迷わず引継ぎを。
そしてスタートしたのですが・・・。

感想はとりあえずネタバレになるので省略、ひとことだけ言うなら流石に良くできてるなぁって感じですね。
システム的な部分についてですが、やっぱり続編ということもあり色々と修正されていますね。
あと戦闘で新たに追加されたチェインクラフトですが、確かに使い方によっては有効な手段にはなるかなぁ・・・って感じ。でもSクラフトみたく必殺という感じではないので、クラフトスキルとSクラフトの中間的なものと考えて使っていけばいいかなぁって感じでした。
確かにコレが加わったことで、戦闘の仕方のハバは広がったなぁ・・・という感じはしますね。

しばらくは楽しめそうです、うん。^^

posted by 884。 at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

英雄伝説Y 空の軌跡

sora_no_kiseki
先程、終わりました。(挨拶

何とか続編が発売される前に終わらせる事が出来ました。^^;
いぁぁ、率直な感想なんですけどね・・・。


続編はどこだ!(何

以下、ネタバレを含みますが・・・。

確かに全体的には非常にシナリオも良く出来て楽しめました。
久しぶりに所謂王道的というかRPGらしいRPGをやった気がします。
最終章の『王都撩乱』なんかは非常にスピーディな展開でほんと続きが気になるという様な進み方をしました。
そして最後の封印区画での戦闘もラストらしい盛り上がり方をしましたからねぇ・・・。
ただ、最後の戦闘だけで1時間近くかかるのはちょっとかったるかったですけどねぇ・・・^^;
やっている時は時間を気にしてなかったんですが、終わった後に時計をふと見てびっくり。
まぁ、それだけ入り込める様な作りだったって事なんですかねぇ・・・。

そして、問題のラストなんですが・・・。

なんで一番最後の所でデータのセーブができるんだろう?という疑問が最初あったんですが・・・。
いやはや、あの結末をみてしまうと納得なのかなぁ・・・って気はします。
今度発売される続編の歌い文句でも、『あの衝撃のラストから〜』という事を書かれているのですが、あれ衝撃的どころの騒ぎじゃないですよ・・・。

この空の軌跡の発売後、プレイを終わった人の感想が『そりゃないだろ〜』とか、『続編のディスクはどこだ?』と言う人が多かったのですが、やって見て同じ感想持ちましたよ。
私の場合、ちょっと待てば続編が出るのでまだ良いのですが、2年近くまった人にはコレきっついだろうなぁ・・・って感じがします。
兎に角、続きが気になってしょうがないエンディングでした。

ただ、過去の英雄伝説シリーズの中では間違いなく抜けて良く出来ていると思います。
クリア後に私のした行為。

[>ファルコムのHPで続編の予約

いあ、ホントに続き気になるんですよ・・・orz




別にファルコムの回し者でもないんですけど、RPGらしいRPGをやってみたい方にはオススメですね。
どうせなら前編からやる事をオススメします。
あのラストはほんと衝撃的でした・・・^^;

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

英雄伝説Y 空の軌跡 進捗状況

ed6_0207
少しずつですが、進んでおります。(挨拶

先月末からやっている『英雄伝説Y 空の軌跡』なんですが、ようやく先週末にデータをすっ飛ばした所まで進みました。
ようやくやり直し部分を終了したので、やっと全く知らない部分に突入してきました。^^; (続きを読む

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

今更ながらプレイ中

もうあまり時間がありません。(挨拶

今更ではあるんですけどね、今週に入ってからクローゼットにしまってあったゲームを引っ張りだしてきてプレイしております。
2年くらい前に購入はしたんですけどね、パソコンを変えた時にセーブデータをすっ飛ばしてしまったんでソレ以降放置していたんですけどね・・・。 (続きを読む

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

shattered skies

ac4
ソレハ、ソラノカケラ・・・(挨拶

先日、ふとした事からまたやり始めたんですけどね、なんかこういう感覚が久しぶりだったので何となく続いている訳なんですが・・・。 (続きを読む

posted by 884。 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

魔界村

ちょっと古いゲームの話なのですが・・・。

以前にこの方と話をしてから、久しぶりにやってみたくてしょうがないゲームがあります。
それがカプコンがリリースしていた『魔界村』というゲームなんですけどね・・・。 (続きを読む

posted by 884。 at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

ゲームボーイミクロ

先日、富士スピードウェイに行った際に、一緒にいった友人が持ってきて見せてくれました。
結構悩んだみたいだったのですが、結局買ってしまったそうで・・・^^;
で、購入したカラーなのですが、

C:Documents and Settingsj000000デスクトップgameboymicro.jpg

ファミコンバージョンでした
まぁ、買ったって聞いた時におおよそ予測はしていたのですが・・・^^;
本人曰く、DSにしようか迷ったらしいのですが、コッチのほうが小さいからということで購入したそうです。
そういや、この人はDS買ったんだっけな・・・なんて事をその時ふと思い出しましたが。

で、少し遊ばせて貰ったのですが、入っていたソフトはソニックシリーズのゲーム。
これもまぁ、やっぱりねって感じだったのですが。
で、実際にプレーしてみたのですが、小さい割りには結構画面は綺麗な感じです。
ぱっと見、液晶が小さいなぁ・・・なんて思ったのですが、実際にやってみるとそんな気にならない感じでした。
ただ、長時間やる分には、やっぱ目が辛いかなぁって感じはします。

ちょっとした時間潰しで遊ぶにはいい感じですね、コレ。^^

posted by 884。 at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。